スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

セルラーサウンドマリーナ '99 SETSTOCK
1999/08/28 広島観音マリーナ特設会場

このイベントの出演アーティストは、スピッツ、エレファントカシマシ、奥田民生、トライセラトップス、の計4組。ベルゲン会報でこのメンツを初めて見た時、私は飛び上がりそうなくらい嬉しくなりました。なぜなら、みんな私の好きな人達ばかりだからです!!でも今までライブに行ったことがあるのはスピッツのみ。「これは絶対行くしかない!」(心の叫び)…とはいえ、なんたって場所が広島。岐阜からじゃぁな〜と、何度も諦めようとしました。でも、チェリハで知り合ったお友達に工面してもらって、チケットと宿を一緒に確保してもらい、なんとか行くことができました。(マリエちゃんありがとう!)当日は彼女と、そのまた友達と…という感じで、数人のグループで現地集合。早速みんなで熱々のラーメンなんかを食べながら、届いたばかりの会報Vol.30の話をしたり、マサムネ話をしたりして、ちょっとしたオフ会のような雰囲気を味わえました(^^) 昼食後、いよいよシャトルバスに乗って会場へ直行。この日は雨上がりの快晴で、地面はドロドロ、日差しはジリジリで大変だったけれど、ライブはそれだけ熱く感じられたような気がします。

カンカン照りの中、地面に敷かれたビニールシートに座って、汗を拭きつつ待つことウン十分(1時間?)。「キャリアからしてトップバッターはトライセラだろう」という大方の予想を裏切って、最初に飛び出してきたのはエレカシ。この日はどうも音響の調子が悪かったらしいんですが、宮本氏はそんなのお構いなしに、のっけから吠えまくり(^^; おかげで「おーとーおーとーこーはさむらーさむらいーだーだー」って、わけが分かりませんでした(笑)。でも、とにかくヒートアップ!CDで聴いた時は自分にとってそれほどでも無かったような曲も、ライブで改めてその良さが分かったりして、しみじみ、エレカシを舐めちゃイカンなぁと思いました(^^; 今度はエレカシのワンマンライブにも行ってみたいです。

夕陽が落ちる頃、もたもたとした機材準備を終えて2番目に現れたのは、トリだろうと思われていたスピッツ!この日のスピッツのステージは案の定のほほんモードで、他のバンドとは明らかに違う世界を醸し出していました(^^; でも黄色い声援はナンバー1☆ マサムネが「マーメイド」の「サマービーチ・お魚」という歌詞を「サマービーチ・サマーナイト」と歌ってくれたり、また「トンガリ'95」演奏中にはセスナ機がまるでパフォーマンスのように会場上空を横切るというハプニングもあったりして、楽しいライブとなりました。

01. うめぼし
02. スパイダー
03. 愛のしるし
04. 恋のうた
05. チェリー
06. 流れ星
07. 青い車
08. マーメイド
09. トンガリ'95
10. 俺のすべて

スピッツが引っ込んで、何割かのお客さん達が帰り支度をしたりトイレに行ったり売店でグッズを買っている間に、早々と用意して登場したのはトライセラ。3人しか居ないんだから、機材セッティングが早いのは当たり前ですよね☆ まだお客さんがみんな戻っていないうちからいきなり演奏スタート! トライセラはとにかく音がすさまじかったです。ドラムのペダリングなんか、まるで巨神兵が地球を蹴っ飛ばしているかのように、ドッ!ドッ!ダン!ってお腹に響く感じ。それから、マサムネは音響を気にしながら控えめに歌っているように聞こえたんですが、和田君達はたった3人なのにフルボリュームで超白熱!スピッツファンでありながら、私がこの日一番楽しんだのはひょっとしてトライセラかもしれません(爆)。MCの持って行き方も、若いのにキマっててなかなかGood(^^) ちょうど彼らの出番のあたりで照明も付き始め、とても素敵なステージになりました。満足!!

あたりがすっかり暗くなった頃、最後の最後に登場したのが、待ってました奥田民生! 実はこの日、もともとスピッツがトリの予定だったらしいんですが、ここは故郷に錦をということで(?)、スピッツが広島出身の民生にトリを譲ったんだとか。心憎いですねぇ☆ で、広島ということで いつかのHEY!HEY!HEY!のオープニングみたいな方言トークが聞けると思いきや、民生氏は終始おとなし〜く一言二言普通に話すくらいでした。でも歌はド迫力! 後々読んだ雑誌によると、彼はステージ前にお酒を飲むんだそうですが、それであれだけの声が出るのは尋常じゃないですね。とにかく貫禄がありました(^^) 男の声援が一番多かったのも彼。この日はちょうどサッパリ散髪したあとだったらしく、私の位置からは、バックバンドの人達に紛れてどれが本人だったのか分かりませんでした☆ 民生のワンマンライブにはいつか絶対行ってみたいです。

この日のアンコールは、民生氏がもう1回出てきて「愛のために」を演ってくれました。そしてその後、ステージセットの上から何発もの花火が!! しかも、そのバックには大きな大きな満月・・・。思わず見とれてしまいました(^^; 本当なら、アンコールには4組でセッションする予定だったらしいんですが、翌日のライブのためエレカシがリハに参加できず、お流れになっちゃったんだそうです☆ う〜ん、見てみたかったですね。もう一度このメンツで演らないかな?もう無理かな? でも、とても楽しい夏の思い出を作ることができて最高でした♪ メール友達とも会えたし、翌日は平和記念公園も散策できたし、宮島へは行かなかったけどもみじ饅頭も買えたし(笑)、お好み焼きは食べ損ねたけど広島ラーメンは食べれたし、とにかく行って良かったです。イベントはやっぱり行くべきですね♪♪♪ ただ、当日の会場出口の砂利道は、厚底サンダルを履いた私にとってはかなりつらかった…(^^; (シャトルバス乗り場まで、とんでもなく長い小腸状の列を延々とコケながら歩いたんです☆)…教訓。いくらステージをちゃんと見たくても、厚底は×。野外ライブでは必ず歩きやすい靴を履いて行きましょう(爆)。

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system