スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

ロックロックこんにちは! ver.11PM(Positive Men&Women)
2007/08/24 Zepp Osaka(2日目)

この日の出演アーティストは、出演順にシュノーケル、KREVA、フラワーカンパニーズ、スピッツの計4組。今までロックロックはずっとスルーしてたんですけど、今年こそは行ってみたいなぁと思っていて…。で、先行予約ははずれたものの、東京&名古屋発のチケット付きオフィシャル日帰りバスツアーに空きがあったので、思い切って購入して一人で参加してきちゃいました!

最初は一人でものすごく不安でしたが、意外にも一人参加の方が多く、その中のおひとりに勇気を出して声を掛け、車中ご一緒させて頂くことに。色々お話できて楽しかったです♪前日のバスは渋滞に巻き込まれて少し遅れたそうですが、この日は順調に大阪入り。逆に早すぎるくらいだったので、バスがZepp近くのWTCコスモタワーに立ち寄ってくれて、せっかくなので展望台に上ったりして楽しみました☆ 会場では、20周年チケットを譲ってくださったRYOさんとも合流。整理番号が近かったので、場内ではRYOさんとご一緒させて頂くことになりました。450番台だったんですが、いざ中に入ってみるとめっちゃ前が空いててびっくり!早速前のほうのバー前を陣取って、初めて目の当たりにするあのドクロマークの垂れ幕(の、年季の入り様)に感動してみたり…。11回目にして初めてのロックロックです!

1組目のシュノーケルは、見た目からして爽やか系なのかな〜と思ったら意外にロックでした!イントロがなんとなく「夢追い虫」を彷彿とさせる曲があったような…。みんな演奏中イイ表情をしていてとっても好感持てました。「奇跡」という新曲も良かった!「呼んで下さってありがとうございます!」と、恐縮しているようではありましたが演奏にはホネがあって良かったです。まだ若いバンドなのにあの安定感はスゴイ。舞台からハケる時、「みんな優しい目をしてるね!」と言っていたボーカルさんの笑顔が印象的でした。

2組目のKREVAは、薄ピンクのインナー+薄ピンクのジャケット+ショッキングピンクのパンツで、「今日の俺のミッションは、"なんだあの全身ピンク"って思ってる人にアルバムを買ってもらう事」だそうで(笑)、しきりに「よろしくお願いします!」と宣伝してました☆ 全部ノれる曲ばかりで楽しかった!新旧取り混ぜつつも、最後の曲もニューアルバムから用意したと言って普通に終わりそうな雰囲気だったので、「えぇっ!?もしやあの曲やらないの!?」と思ったら、やってくれました「くればいいのに」!!あのアコギのイントロが始まった途端、場内は歓喜の嵐!そしてKREVAの、「あの人がくればいいのに!呼んじゃう!?草野マサムネ〜〜!!」ってな呼び込みで、ステージにマサムネ登場!やったぁ〜♪♪♪だって今日はこのために来たようなものだから!!もうなんかちょっと涙目になってしまいました(汗)。そして私達の前のブロックの人達が一斉にステージへ押し寄せてすごい事になってました!白いグッズTシャツにハンドマイクのマサムネ、KREVAのラップ部分の間は音楽にノってる感じでしたが、少々挙動不審というか、歌詞間違えないようにしなきゃって視点定まってない感じがして微笑ましかったです☆ でも歌はすごく良かった!CDと変わらず切ない歌声!名曲です。生で聴かせてくれて本当にありがとう!大阪まで来た甲斐がありました!!無意識のうちに自分も黄色い声を出していたのか、KREVA終了後に頭クラクラしました(^^;

3組目のフラカンは、9年振りのロックロックとのこと。20周年祭りの時とほぼ同じセットリストだったかな?「深夜高速」もやってくれたし、20周年祭りでウケが良かったという「愛のしるし」をこの日も披露してくれました!もちろん圭介さんの振り付けアリ(笑)。今回はグレートマエカワ氏も一緒になって振り付けしているのがよく見えました♪グレート氏はこの日ももちろん裸にオーバーオール(笑)。阿波踊りみたいな曲(「真冬の盆踊り」という曲だそう)もやってくれて盛り上がりました!スピッツについては、「声がいいとか、メロディがいいとか、田村君のステップが軽快だとか(笑)色々あるけど、何がいいかってピックの投げ方がすごい!」って褒めてました☆ 確かにマサムネもテツヤも結構飛ばしますからね〜。ためしにギターの方がピックを投げたらすぐ近くに落ちて、「ね?」って笑えました。フラカン楽しいなぁ。そして濃い!圭介さんいわく、「スピッツが清涼飲料水だとしたら、フラカンはどて煮」だそうです(笑)。

ちなみにこの日はプレゼンター越前屋俵太ということで、舞台転換の度に今回のコンセプト映像(?)が流れました。「11PM」というサブタイトルなだけあって、「シャバダバシャバダバ〜」という懐かしのあの番組テーマ曲もしっかり使われていました(笑)。その中で「あなたにとってポジティブとは?」というのを今回の関係者に聞いてみました、というコーナーがあり、スピッツを始め各バンドのメンバーやスタッフが出てきて面白かったです。崎ちゃんは「七転び八起き」って言ったのかな?コメントが短かったので俵太さんに「それだけですか?」と聞かれて、「ええ、そういうシステムになってます(笑)」って答えててかわいかった☆ テツヤは目のトレーニング?で「マジカルアイ」の本を掲げてました。な、懐かしい…!田村君はグレートマエカワ氏と同じ裸にオーバーオールという姿で(←場内大歓声!)、ただひたすらグレート風にベースを弾くモノマネをやっていてかなりウケました。マサムネは自分でビデオカメラ持って自分を映してたので、どアップでめちゃめちゃかわいかった!場内の歓声も一番すごかったです☆「おいしいものを食べ、おいしい水を飲み…。みんなちゃんと食べてる!?」みたいな感じの内容だったかな。20秒ぐらい、画面いっぱいマサムネでした。あのパッチリおめめでにこやかにジィ〜ッと見つめられ、おなかいっぱいになりました(爆)。あんなカワイイ39歳見たことない!!

そしていよいよトリのスピッツ!マサムネは胸元の開いた白いインナーに水色のシャツを羽織っていました。最初と比べてお客さんの立ち位置もだいぶ変わってきて、あとのメンバーはあまり見えず(^^;

この日のセットリストはこちら。

01. 座敷犬のうた(インディーズ)
02. スパイダー
03. 胸に咲いた黄色い花
04. ルキンフォー
05. 群青
06. うめぼし
07. 涙止まれよ(with KREVA)
08. 8823
09. スピカ
10. ヒバリのこころ
e1. 青い車
e2. 俺のすべて

この日はインディーズ曲の「座敷犬のうた」でスタート!これは曲名は知っていたけどまだ聴いたことが無かったのでめちゃめちゃ感動しました!ああでももう思い出せない…!確か「座敷犬」と書いて「ぼく」と読むはずですが、マサムネは「ざしきいぬのうた」と紹介していました。転換時の映像を受けて、「メシ食ってるー!?」とマサムネ。会場の元気な返事に「何よりです」と頷いていました(笑)。そうそう、初めて「ロックロックー!?」「こんにちはー!!」という掛け合いも出来て嬉しかったな〜♪
セットリストは20周年祭りとほぼ同じでしたが、マサムネが「今日は特別な事をしようと思って」と、ステージにKREVAを呼び込み!おお!?何をやってくれるのかな?と思ったらマサムネがチューニングし忘れてて、テツヤに向かって「(カポ)2だよね?」と確認しながら慌ててギターをゴソゴソ…。その間KREVAが場をつないでいました(笑)。で、始まったのはKREVAの持ち歌「涙止まれよ」。初めて聴いたけどイイ曲!スピッツの生演奏バージョンで、サビはマサムネもコーラスしててすごく良かったです!ロックロックはこういうセッションがあるんですよね〜!この特別な感じがとっても楽しい!終わった後「KREVAの曲はメロディがいいんですよね〜。スピッツも頑張らなきゃ」とマサムネ。
そしてシュノーケルもKREVAもフラカンもCDの告知してたのにスピッツは何も無いの…!?という話の流れで、マサムネから「アルバムが出ます!本日解禁になりました!10月10日、タイトルは"さざなみCD"です!」と生告知!うわあぁぁぁぁ嬉しすぎる!!「スピッツからさざなみのような愛を(笑)。昔"愛のさざなみ"ってあったけど知らないか〜」というマサムネに、お客さんの一人が「島倉千代子!」と答えてて、マサムネが「その通り!」ってアタック25風にモノマネしてました(笑)。全13曲入りで、「頭からおしりまでアンコがいっぱい詰まったたい焼きのような…」と説明するマサムネに、「俺尻尾はアンコ入ってないほうが好きなんだけど」と田村君。え〜!そうなんだ…。それを受けてマサムネが「ああ、生地の味を楽しむような…」って続けようとしてたけど、田村君が「でもそういう話は楽屋でしようよ」って(笑)、いつものスピッツって感じのMCでした(^^; あと次の日から大阪で世界陸上が始まるってことで、「明日マサムネ走るから!元陸上部だし。カモシカのような脚を見せる!?」とテツヤ。で、マサムネが沿道でピースしながら走る一般人のマネをしてました☆ あとどこかのタイミングでマサムネが「がばいかっこよか曲聴かせるけん」みたいな感じで佐賀弁を披露してました。佐賀人気にあやかって初めて「がばい」を使ってみたそうです(笑)。
アンコールではなんと田村君が、転換時の映像で披露した裸にオーバーオールという格好で登場!いやぁ〜〜とっても貴重なものを見せていただきました!メンバー紹介では「田村グレート明浩〜!」と紹介されてました☆ 実際にグレート氏のを借りて着たらしく、汗臭そうでした(笑)。そしてマサムネは、お客さんが5人くらいしか居ないという夢を見たそうで。昔チケットが1枚しか売れなかった事があり、ライブハウスの人が不憫に思って2000円くれて、4人で500円のラーメン食べて帰ったのを思い出したそうです。「もしかして今日お客さんがいっぱい入ってるのも、その時の楽屋で見てる妄想なのかも…」と言うマサムネに、「じゃあ俺のこのオーバーオールも妄想なのかよ!?」と田村君(笑)。テツヤも夢の話で、「おしっこしました!目が覚めました!大丈夫でした!」と相変わらず笑いを誘っていました☆ クージーが「田村君のワキ毛ボーン!が見れるなんて…」って言った時、田村君が両腕をアタマの後ろに回してストレッチ!しっかり見させていただきました(笑)。それにしてもニノウデ筋肉質!そしてその後の曲だったか…で前方に水が!田村君が観客にペリエを撒き散らし、自分も頭からかぶってました。ピック投げの時何個かビュッと私達の頭上を飛んで行ったり、すぐ前に落ちたり、残念ながら取れなかったけど、とにかく最後までほんとに楽しかった!エンディングの映像のBGMが「さわって・変わって」で、場内大合唱に!この日も22時近くまでたっぷり堪能できました。

今回も記憶の断片を羅列しただけでスミマセン!!ちなみにバスツアー特典として、ロックロックのロゴ入りタオルをもらいました♪暑かったので早速首に巻いていたら、何人かの人にどこで買ったのかと聞かれました☆ それからこの日はユニクロのドクロ柄ポロシャツを着て行ったのですが、私が迷いに迷って買わなかった別柄のユニクロドクロシャツを着てる方を見かけました。かぶらなくてよかった(笑)。ライブ後はすぐバスに戻らなきゃいけなかったので、RYOさんとはここでお別れして集合場所へ直行。ライブの余韻に浸りつつ、まだまだ暑さの残る夜の大阪をあとにしました。バス車内でもひとしきりスピッツ話に花が咲き、疲れて夢うつつ…となったところで名古屋に到着。バスでご一緒した方は東京出発組だったのでここでお別れし、旦那の隼号で2時頃帰宅しました。
来年もこのバスツアーやってくれたら嬉しいんだけどな〜。とにもかくにも、なんで今まで参加しなかったんだろう!と悔やまれるくらい楽しかったので、来年も絶対行く!と決意したのでありました…。

Very very special thanks to としこさん&RYOさん♪

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system