スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

SPITZ JAMBOREE TOUR 2007-2008 さざなみOTR
2008/10/05 山梨県立県民文化ホール

さざなみOTRも後半戦!今まで(フェス以外では)何かしら縁のある土地のライブしか行ったことなかったんですが、今回は個人的に初めましての山梨県。チケットを取って下さったガーベラさんと、前回同様お車での日帰り旅行でした♪ 行く前は、甲府市内からでも富士山って見えるのかな?晴れてたら「群青」のロケ地も行ってみたいな、なんて思ってましたが、当日はあいにくの雨…。時間もそんなに無かったので、市内で軽くお茶した後は、甲府駅でおみやげ見たり信玄像を激写したりして即ホールへ。
前半戦で行なっていた、「さざなみCD」または「さざなみLP」を買うと先着でメンバー全員の直筆サイン色紙がもらえる、という企画は後半戦でも健在のようで、ロビーにはすでに長〜い列。今回も買うつもりは無かったんですが 見るだけ…と思うも、入場が遅かったので確認できず(汗)。あとで聞いた話では、マサムネ画伯のご当地イラストは桃だったそうです。山梨は桃や葡萄が有名ですもんね〜。桃はスピッツの曲名にもあるし、なるほどな選択!?
この日は1階19列の左サイドだったので、脇花道にメンバーが来てくれることを楽しみにしつつ、開演を待つことしばし。客電が落ちて、さぁメンバーの登場…というところで会場から大きな手拍子が起こってびっくりしました。拍手はよくあるけど、登場前から手拍子って初めて!早速一緒になって手拍子打ってメンバーを迎え、いよいよライブスタート!

この日のメンバーの服装は、まずテツヤが、肩部分にラインの入った黒いポロシャツ+黒い中折れ帽子、田村君は英字が書かれた水色のTシャツ、崎ちゃんはよく見えなかったけどたぶん白っぽいシャツ。そしてマサムネが白いポロシャツを着ていたんですが、背中に大きな黒いダイヤマーク(※トランプのダイヤじゃなくてダイヤモンドを横から見たような形)が入っていて特徴的でした。甲府駅前に「宝石の街甲府」と書いた看板があったので、ひょっとしてそれを意識したのかも…!?

この日のセットリストはこちら。

01. ハニーハニー
02. Na・de・Na・deボーイ
03. ヒバリのこころ
04. 不思議
05. 点と点
06. ルキンフォー
07. チェリー
08. 砂漠の花
09. みそか
10. P
11. 君が思い出になる前に
12. 若葉(新曲)
13. 桃
14. ネズミの進化
15. スピカ
16. エスカルゴ
17. 8823
18. 渚
19. 俺のすべて
20. 僕のギター
e1. 群青
e2. 猫になりたい
e3. スパイダー

ではまずはMCネタから。
山梨でのライブはなんと12年振りというスピッツ。前回のライブ後は中央本線に乗って帰ったそうなんですが、マサムネが電車のトイレから出てきたところでファンの子に握手を求められ、その時に「手洗いましたよね?」と言われたそうで…。それがマサムネの山梨の強烈な思い出だそうです(笑)。そこで「洗いましたあぁ〜!」と言うマサムネに会場爆笑。実際電車でそう言ったわけじゃないだろうけど、まるで女子高生が「かわい〜いぃ〜」って言う時のようなイントネーションで言うのでウケました(笑)。
また、どのタイミングか忘れちゃいましたがハンドマイクを使う曲の後で、今回初めてワイヤレスマイクを導入してみました、とのこと。そういえば前半戦はマイクコード持ちながら歌ってたような…。で、よく小指立ててマイク持つ人居るけどアレ抵抗あるんだよね、とマサムネ。それを実演するべく小指を立てて、前方のモニタに片足を乗せて、「愛すぃてるぅ〜の響きぃ〜づぁけぇづぇ〜♪」ってヴィジュアル風に「チェリー」を歌ってくれました(笑)。そのあとモニタの上を拭き拭きしてたのがかわいかったです(笑)。

そして嬉しかったのは、本編で若葉をやってくれたこと!お披露目してくれるとしてもアンコールかなと思ってたので意外でした。前日に公式サイトでサビだけ試聴して、なかなかイイ感じ〜と思ってはいたのですが、フルコーラス聴いて改めて「好きだ!」と実感。椅子に座って演奏する田村君のマンドリンがとっても印象的でした。その演奏後、田村君が「最初はマンドリン入れる予定無かったんだけど、曲の途中まで(ベースとギターは)する事無いから入れた」と種明かし(笑)。で、じゃあその間一人芝居でもすれば?と言うマサムネに会場笑い。ちなみにその間テツヤは…と言うと、前の会場では踊っていて、この日は心の中で詩の朗読をしていたそうです。嗚呼いつものテツヤ節(笑)。ちなみに田村君はマンドリン弾いたことがなかったそうなんですが、初めての楽器でも弾いたことあるような素振りで楽器屋さんに入り、店員に弾かせてみたりして買うそうです。一方マサムネは楽器屋さんがどうも苦手らしく、弾いてみますか?とすすめられても「僕ギター弾いたことないんでぇ〜」って断るんだとか(笑)。それぞれの性格がよく分かるエピソードですね(^^;

そしてアンコールでのメンバー紹介。
まずは田村君から。マサムネからの紹介を受けて「はい、田村です」って言ったんですが、その「はい」が英語の「ハァ〜イ!」みたいな発音になってて(笑)のっけから会場ウケてました。山梨は12年振りということで、「12年前にライブ来た人〜?」ってお客さんに挙手させておいて「年取ったね」と一言(笑)。で、30代に1度もライブをやらなかったので40代では何度も来たい、と言って会場拍手。でもそのあとマサムネが「山梨は富士山もあるし…」と言ったら、田村君がここぞとばかりに「富士山は静岡県のもの!」と主張して会場からブーイング受けてました(笑)。たとえライブ会場であっても郷土愛アピール!田村君らしいです(^^)
続いて、田村君を真似して「ハァ〜イ!」と挨拶したクージー(笑)。以前知り合いのライブに昭和風なワンピースを着て行ったら野宮真貴に間違われた…というエピソードから発展して、マサムネはエスパー伊東(笑)、崎ちゃんはウルフルケイスケさん、テツヤはまちゃあき、田村君は辻仁成さんに似てるって言われるよね、という話。確かに崎ちゃんは私も思ったことある!ちなみにクージーは本栖湖に毎年キャンプに行くぐらい好きなんだそうです。
お次は崎ちゃん。崎ちゃんはドラムを使った新しいギャグをずっと考えていたそうで、タイトルは「張り切りすぎてるドラマー」(笑)。よくボーカルがMCで「OK!ナントカカントカ〜」って喋る度にドラマーがダダン!ってドラム叩くのを、ダカダカダカダカドドドド…!って叩きすぎて「うるせーよ」って突っ込まれる、という内容を崎ちゃんがまず口で説明し(笑)、その後マサムネと二人で実演してくれました。なんとも微妙な暖かい笑いに包まれたけど、ドラムソロに近いものが聴けて良かったです!(^^)
そしてテツヤ。テツヤは本人曰く、堺正章ではなく「レインボーマン」の土の化身に似てるんだそうです。私は知らないので分かんなかったけど、会場の所々で笑い声が起こってました。「帰ってパソコンで検索したら、もうひと笑いできるよ」とのこと。(→帰宅後早速検索して笑わせて頂きました☆)あと演奏中に見えない繊維が鼻に引っ掛かって、フン!って吹いても取れなくてくすぐったかったそうです(笑)。かたやマサムネ、自転車で蚊柱に突っ込んじゃうことがよくあるらしく、蚊が鼻に入って、吹いても出ない時は吸って飲み込んじゃうそうです。ひぃぃ〜〜〜!!これはちょっと聞きたくなかったかも(汗)。場内は悲鳴に近い笑い声に包まれてました…(^_^; で、「蚊はタンパク質」と開き直るマサムネを指して、「きっと手洗ってないぜ?」とテツヤ(笑)。他には、富士山が実は少しずつ静岡に寄っていってるって知ってた?と、またもやテツヤ節炸裂。それを受けて「ハワイは毎年日本に近づいてるって聞くけど、陸続きになるのは一億年くらい先かな?」と言うマサムネに、「長生きしようぜ!」とキメるテツヤなのでした。
最後にマサムネ。ですが、他のメンバー紹介の時にちょくちょくかぶせて喋ってたせいか、特にこれといったネタは無かったような…。また何度でも来れるように頑張っていきます!ってな挨拶だったと思います。

こんな感じで、貴重な12年振りのライブにお邪魔させていただきました!
後半戦ということで、セットリストが前半戦と若干変わっていました。1曲目の
ハニーハニーも意外だったし、エスカルゴが聴けたのも嬉しかった〜!みそかの最後のすさまじいバスドラムも圧巻でした。また、夏イベに引き続きで崎ちゃんの千手観音っぷりを拝めたのも◎でした。ちなみにのバックでは青と白の花の映像が次々と映し出されてとても幻想的でした。あと、「さざなみCD」から何曲かは演奏しない曲も出てくるだろうと思っていたら、なんとが演奏されませんでした。さざなみツアーなのに表題曲やらないなんて斬新!
細かいところでは、マサムネが
の最後のアコギを弾き間違えてしまって、「あちゃ〜」といった感じでわざとヨロヨロしながら弾き直していたのがかわいかったです。そして毎度毎度すごいのが田村君!8823俺のすべての時に左側の花道に出てきてくれたんですが、その前に田村君側のスタッフが「さぁ走れ!」と言わんばかりにシールドを長〜く放り投げたので、飼い主と犬みたいで笑ってしまいました。で、早速花道でピョーン!ピョーン!って連続ジャンプしまくりで、ステージへ戻る際もジャンプしながらバックするのでまた笑ってしまいました。あれはきっとバネが仕込まれてるに違いない!(笑) その後ステージを風のように突っ切り、あやうくテツヤとぶつかりそうになったんですが サッ!と身をかわしてました。その身のこなしがまた華麗で、つい見惚れてしまいました(^^; もちろん田村君だけでなく、テツヤも崎ちゃんもマサムネも、それぞれに楽しそうでこちらも盛り上がりました!最後ステージから去る時、いつものようにマサムネはピックをたくさん投げ、崎ちゃんはスティックを投げ、田村君とテツヤが深々とおじぎをしていたのが印象的でした。

今回、会報でのテツヤのメッセージを読んだ後の初ライブだったので、何かしら違った印象を受けるかな〜と思ってたんですが、驚くほどにいつもと変わらないステージで、それは考えたら当たり前のことなんだけれども、改めて幸せに感じました。
山梨も思ったほど遠くなかったし、名物もいっぱいあるので、ライブに関係なくまた行ってみたいです。結局山梨側からの富士山をまだ見てないし、信玄餅は買ったけどほうとう食べてないし!(ちなみにほうとうってきしめんみたいな物なんですね。ずっとすいとんみたいな物かと思ってました。汗) 今度行く時は、「群青」クリップのロケ地・本栖湖にも寄ってみようと思います!

Very very very very special thanks to ガーベラさん♪

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system