スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

SPITZ JAMBOREE TOUR 2009 さざなみOTRカスタム
2009/01/25 大阪城ホール(2日目)

大阪2日目。この日も時折雪のちらつく寒い日でした。朝ホテルでテレビを見ながらライブメモの続きを書いていたら、クージーがMCで言ってたメタルインドカレーのCMらしきものが!?…流れたような気がするんですが、ハッキリ見れず残念…(汗)。
さて、今回もガーベラさんとは現地集合の予定だったので、ライブまでの間は大阪観光をすることに。今まで何回か大阪に来た事はあれど、ちゃんと観光するのは今回が初めて。ちょうど大阪国際女子マラソンの日で、大阪城公園周辺もコースになっていたらしいんですが、そんなこと全然知らずに、道頓堀や通天閣などの定番スポットをあちこち巡って楽しみました。そして5時半頃ようやく会場へ。
会場入口では久しぶりにKさんとお会いして、ちょこっとだけですがおしゃべりできました。そして場内の通路を歩いていると、偶然RYOさんと再会!また、この日はベルゲン先行で取ったアリーナ38列田村君側だったのですが、偶然たむたむさんがすぐ近くの席で、そこでもまたおしゃべりできました。なんだか「魔法のコトバ」の最後の歌詞が思い出されるような…!?
そして開演間際、無事ガーベラさんと合流♪ 案の定ステージは見えづらい位置だったので、今回もサイドビジョンに期待です!

この日のメンバーの服装は、マサムネが「古墳シャツ」に似た胸ポケット付きの薄いグレーシャツ、テツヤが白(グレー?)っぽい地にチェーン模様のシャツ+黒い中折れ帽子、田村君が動物のシルエットの描かれた濃いグレーのTシャツ、崎ちゃんが英字の書かれた白いインナーの上にマサムネと同じようなシャツを羽織ってました。(ちなみにアンコールでは毎回全員グッズTシャツに着替えるんですが、今回テツヤだけは黒地にヤシの木模様のカットソーに着替えていました。)

セットリストは、本編は前日と同じで、アンコールが
01. 春の歌
02. 空も飛べるはず
03. ヒバリのこころ
でした。

ではMCレポ行ってみます!カッコ内のセリフはすべてニュアンスですのであしからず…(^^;
まずマサムネが「雪の中来てくれてありがとう」的な挨拶をした後、各エリアの観客にそれぞれ「元気ですか?」と声掛け。歓声が小さいエリアに対して「げんきぃぃぃ〜〜!?」ってオネエ風に聞き返していてウケました☆ この日は4人ともグレーっぽい服装で、スピッツは衣装合わせしないんだけど今日は揃っちゃった、とのこと。マサムネと崎ちゃんのシャツが似てるってことで、マサムネがドラム台に登って並んで見せてくれました。で、HEY!HEY!HEY!で松ちゃんにいじられたことを受けて、「昼は遺跡を掘って、夜はロックンローラー、というスタンスでやらしてもらってます」と言って会場笑い。
そしてこの日も、ジャパネットたかたの社長の事だけYahoo!ニュースに載っちゃって…ということで、マサムネがまた商品紹介のモノマネしてました(^^; それで、どうせ載るなら「体力的には間寛平さん目指してます」とか色々言っとけば良かった!と言って、ボソッと「あへあへ」ってモノマネしたんですが、同時にテツヤが喋り始めて不発に終わってました(笑)。(そのテツヤのセリフは覚えてないんですが…。汗) ちなみに前日、「たかた社長の息子も声そっくりだよね!CM見た?」というようなテツヤのMCがあったんですが、あれ息子じゃなくて芸人さんらしいよ、とマサムネに指摘されて、「知りませ〜ん?」としらばっくれるテツヤなのでした。
また、会場のセットや演出についても喋ってました。
マ:「デカイ会場だけど、ゴンドラ乗ったりしないしね」(会場:笑)
田:「ライブでゴンドラって…(笑)」
マ:「こないだ山Pが乗ってたよ?」
テ:「仮にゴンドラ乗るとしても、どの曲で!?」(会場爆笑)
マサムネ的にはどの曲でも乗ってみたいそうです(笑)。 また、Gacktのように馬に乗って登場っていうのもやってみたいね!とも言ってました(笑)。
そして崎ちゃんのMCコーナーでは、もうすぐ野球のシーズンということで、トラッキー君(←崎ちゃんが応援する阪神タイガースのマスコット)のボトルキャップが付いたペットボトルを掲げて見せてくれました。そしたら、ジャパネット風に「今ならもうひとつ!」と言って、同じ物を取り出して会場爆笑。そんなネタを温めていたとは…!とメンバーも笑ってて、とっても和みました(^^)

アンコールでのメンバー紹介は、この日も田村君から。ですが、
田:「2007年、2008年、2009年と3年間ツアーをやってきて…」
マ:「3年間っていうか、足掛け3年」
田:「いいじゃん、せっかく「3年間」で盛り上がるところなのに。で、3年間やってきて…」
マ:「3年に渡り、ね」
田:「しつこいなぁ!(笑)」
いきなりこんな感じのやりとりがあって笑えました。それで田村君がわざと怒ったような口調で「3年に渡り…」って渋々言い直してました(笑)。その田村君曰く、このツアーはまさにOTRな感じだった、とのこと。でも結局「OTR」の意味は最後まで明かされませんでした(汗)。マサムネが「まさにOTR?エロイね!」とか適当な事言ってましたが…(^^; 「スピッツはこれからも続いていくので、みんなも一緒に年をとっていきましょう」という田村君の言葉が印象的でした。
クージーは、せっかく大きな会場なので観客みんなで何かひとつの事をやってみよう!と提案。イルカが調教師の合図で鳴くように、みんなは「スピッツー!」とか「崎ちゃーん!」とか思い思いに叫んでみて下さい、ってことで、マサムネが両手を広げるのと同時に場内は大歓声!これにはメンバーもびっくりの様子でした(笑)。
続いて崎ちゃんは、動くコーラスマイクの仕組み説明の他、昔この会場の隣で野球をしたことがあるという話。その時はまさかここでやると思ってなかったけど、また来れたらいいな…ってな事を話してたと思います。
そしてテツヤ。「今日マラソンで俺が「スピッツ」って書いて走ってるの見た?」と問いかけ。会場から「えぇっ!?」の声が多く上がり、「やんないよ」と落としてました☆ それでマサムネが「渋井選手が優勝しましたね」と言ったので、「ビデオ録画してる人居ないよね?言っちゃったよ?」とテツヤ(笑)。あとはテツヤの自宅での話。先日トイレで大きいほうを済ませ、ウォシュレットの「おしり」ボタンを押しつつトイレットペーパーを補充しようとしたら、ロールが床に転がってしまったそうで…。それで取ろうと思って腰を浮かせたら、股の間から勢いよく水が発射され(笑)、一瞬何が起こったのか分からなかったんだとか(^^;
テ:「うちのトイレに虹がかかったね…」(会場:笑)
マ:「レインボ〜〜☆」
↑この言い方が唐突で、虹っぽく弧を描くような手振りも付いてて可笑しかった!それに対し場内がクスクス笑いだったのも面白かったです(^^;
ラストはマサムネ。こんな大きな会場でまたやれるかどうか分からないけど、これからも面白い曲たくさん作るのでまた聴きに来て下さい、というような言葉でシメていました。

この日はカスタム公演のラストであり、2007年から始まったさざなみツアーのオーラスだったけど、ステージ上の彼らは相変わらずいつも通りな感じで、翌日からもずっとこのツアーが続いていくんじゃないかと思うほどでした。でも盛り上がりは凄かった!マサムネのボーカルが、伸ばすところをやや短めに切ったりしてたのが気になりましたが、それだけリキ入れて歌ってたってことなのかな?珍しく「今日の皆さん最高です!!」とハイテンションなセリフも飛び出してました。田村君もステージを右へ左へ走り回り、サイドのちょっと高い所に立って客席を煽りまくり。最後のほうではベースの弦を引きちぎってました!そして終演後は、メンバーがいつも以上に勢いつけて遠くにピックを飛ばしたり、ステージの端っこまで走ってスタンド席にスティックを投げ上げたりして、そんなところもなんだか見ていてジ〜ンと来てしまいました。

今まで観客との距離感を大切にしてアリーナクラスの会場を避けてきたスピッツ。毎回当たり前のようにチケットが取れて、当たり前のように間近で聴けていたのがいかに贅沢な事だったのかというのを今回しみじみと実感しました。特に今回のツアーでは縁あってたくさんの会場に行く事ができたので、その上カスタムまで…という思いもありましたが、今回行ってみて本当に良かったです。いろんな意味で思い出に残るライブとなりました!
それにしてもツアータイトルの真相が最後まで秘密って(笑)。田村君のMCの中に「スタッフと旅をしてきて…」という言葉もあったから、個人的には「ON THE ROAD」の略なんじゃないかと思ってるんですが…。意訳すれば「旅の途中」って感じだし、同じ事務所の先輩・浜田省吾氏のツアータイトルでもあるようだし。どうなんでしょう?(^^;
とにもかくにも、これでしばらくライブはお預けになってしまいますが、今後のスピッツに引き続き注目していきたいと思います。ガーベラさんはじめ、各会場でお会いして下さった皆さん、改めてどうもありがとう!そしてありがとうスピッツ!また会える日を楽しみにしています!

Very very very special thanks to ガーベラさん&RYOさん&Kさん&たむたむさん♪

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system