スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

SPITZ JAMBOREE TOUR とげまる2011
2011/04/28 高知BAY5SQUARE (対バン:チャットモンチー)

初めましての高知県。お誘いいただいて、とうとう来てしまいました!
前日大雨だったようですが、この日は快晴!夜行バスで到着後、駅のパン屋さんでモーニングを食べ、路面電車に乗ってしばし散策。路面電車がある街ってイイですね!すでにテンションUPです。
その後たむたむさんと合流して、用事を済ませてからジェン吉さんとも合流。ランチ後は、桂浜、ひろめ市場などプチ観光させていただきました♪ 龍馬像は想像以上にデカかった!

そして到着した会場は、まさにマリーナの倉庫。裏には船がいっぱい並べてあって圧巻!外の仮設テントでは先行グッズ販売と同時にサイン付CDも既に売られていました。この日のマサムネ画のイラストはカツオ。やっぱり高知といえばカツオですよね!(買わずに見るだけでごめんなさい☆) ここは中にロッカーが無いようなので、外のクロークに荷物を預けて開場待ち。途中、マリーナの写真を撮っている内藤カメラマンをお見かけしました。
さて開場!まずはスピッツの前にチャットモンチーの登場。私達は530番台でしたが、真ん中よりやや前のポジションをゲット♪チャットモンチーのニューアルバムを予習し忘れてた私ですが、セットリストは知ってる曲ばかりでしっかり楽しめました!
MCはドラムのクミコン(←歴女で幕末大好きだそうです)がメインで進める形で、高知ってことで武市半平太の生家に行って、そこにあるノートに思いの丈を書いてきた、とか、高校生の時に例の「コーヒーみかん」というバンドでスピッツのコピーをやっていて、「バニーガール」を演った時にボーカルの男の子がbunny girl!ってかっこつけて指差ししてた、とかたくさん喋ってくれて、ベースのあっこが何度も「これはスピッツさんのツアーなんやから…」と突っ込み入れてました(笑)。MCはユルく、えっちゃんの声はかわいく、演奏は本気でかっこいい!場内すごい熱気でした。そして、「バスロマンス」だったかな?で、演奏途中に急に音がボンっと小さくなるトラブル発生! 何がどうなったのか不明ですが、えっちゃん側の音が出なくなったようで、客席もステージも「???」状態。これはやり直すかなと思ったんですがそのまま演奏が続けられ、途中で音が戻った時にえっちゃんが歌いながら「出たね^^」と一言。さすが余裕のチャットモンチー!終わってから「忘れられない夜になったね」と笑うメンバーに会場も大拍手!
大好きな「染まるよ」や「シャングリラ」など、全部で8曲くらい演ってくれたと思うのですが、本当にあっという間のひとときでした。楽しかったぁ〜〜!ありがとう!!

チャットモンチーが終わって舞台転換…という所で後ろからドドドッと客の動きがあり、気づいたら流されてかなり前のほうに。ただ、これ以上前に行くと見えにくくなりそうだったんでちょっと後ろに下がって、スピッツの登場を待ちました。ちなみにあとから聞いた話では、機材セッティングするスタッフに紛れて崎ちゃんもドラムのセッティングしてたそうです。暗くて(というか周りがぎゅうぎゅうで)とても見えなかった(>_<)
そして、満を持してメンバー登場!この日の服装は、田村君がピンクのTシャツを着ていた以外は静岡公演と同じようでした。ライブハウスなので案の定後ろのLEDビジョンは無し。とげまる型の照明セットも無し。その代わり、ライブハウスだから1曲目は変えてくるかな〜?と思いきや、本編のセットリストはホール公演と全く同じでした。でも!アンコールでとっておきのサプライズがっっ!!

では今回はMCレポを簡単に。
一公演前の京都から高知まで、今回は新幹線+在来線でやって来たというスピッツご一行。前日まで大雨で岡山で足止めを食らっていたそうです。で、高知へ来る途中、徳島の「大歩危・小歩危」という絶景スポットを通るんですが、みんな寝ちゃってて通り過ぎてしまった…とのこと。
テ:「起きたら「ごめん」って駅だった!」(会場笑)
↑高知に後免っていう駅があるんですよね(^^) 路面電車の行き先にも書いてあったので私も思わず写メしました!

また、メジャーデビュー20周年=バンド結成24周年というMCでは、坂本冬美が25周年で同い年だと言うテツヤに会場「えーっ!?」の嵐。
マ:「それはどっちの「えーっ」なの?(笑)以前蓮舫と同い年って言ったら別の「えーっ」だった」
テ:「鳩山と同い年で「えーっ」だったら分かるけど…」(会場笑)
で、この20年を振り返るとどうでもいい事ばかり思い出すというマサムネ。以前羽田空港でトータス松本君に挨拶しようと近づいたらスタッフに羽交い絞めにされた、とか、高知でウルフルケイスケさんが一日車掌をやるイベントがあって見に行ったら、ケイスケさんが気付いて敬礼してくれたそうなんですが、周囲のケイスケファンから「いいな〜」と言われて、誰もマサムネと気付かなかったとか(笑)。
テ:「だって普段ズラ取ってるからね!」(会場笑)
マ:「コンタクトも取って、いつもの青い目で。おばあちゃんスウェーデン人だから!」(会場笑)
一体どういう設定なんだマサムネ(笑)。そしたらテツヤも、今日チャットモンチーの楽屋に挨拶行く時スピッツって気付いてもらえるようにグッズTシャツ着ていった、と(笑)。いやいや必要ないから!(^^; でもそういうオーラ無いエピソードを一番持ってるのは田村君のようで、時折イベントスタッフに止められたりするそうです。
田:「『あ、ダメです』、『あ、メンバーです』って」(会場笑)
うぅ、切ない…。私なら絶対人混みでも見つける自信あるのに〜。(←聞いてない)

「シロクマ」前のMCでは、「ソラトビデオ」の宣伝コメント。でも恥ずかしい作品もあるから「買ってね」とは言いにくい(笑)とマサムネ。あと、ここで喋ったか忘れましたが、昔スペースシャワーTVの企画でメンバーでカレーを作ったことがあるらしく、あれも恥ずかしい映像だから見られたくない!とのこと。
田:「そう言うとまたアップする人が…」
マ:「居ないでしょう〜。(←ここで、録画したという客がちらほら反応) ウソっ!?アップしないでよ!?」(会場笑)
テ:「うなされるから!」
マ:「何が!?(笑)」
↑こんな感じのやりとりもありました(笑)。コレ調べたらデビュー当時の物なんですね。さすがにその頃の映像は見たこと無いから見てみたい!

そしてアンコール!
拍手の中メンバーが再登場し、マサムネが軽く挨拶するやいなや、崎ちゃんがドッ!ドッ!ドッ!ドッ!と4つ打ちドラム開始。おっ?これは?もしかして・・・!?と思ったら、そこに田村君のベースが!なんとチャットモンチーの「シャングリラ」でした!!最初エフェクターを間違えたのかベースラインがワウワウして分かりづらかったんですが(汗)、これは嬉しかった!!!会場も大盛り上がり!!これマサムネが歌ってもかわいい歌詞だなぁ〜。というかまさにマサムネ向きな歌詞!? 終わって大拍手の中、「このツアーで一番緊張したー!」と言うマサムネに会場笑い。あぁ〜〜これはまたいつかもう一回聴きたい!(>_<)

そしてメンバー紹介。
まずは田村君。震災後のリハで「シャングリラ」やって、そのあと草野が倒れたから、スピッツとして最後にやった曲が「シャングリラ」かぁ…って。それでもいい!草野が治るならそれでいい!って思った。というような話でした。もうね感動ですよ、田村君のマサムネ愛。その後これを演奏していいのか迷ったそうですが、やって良かった!と田村君。マサムネも楽しかった!と。で、このあたりだったか、MCと違うタイミングで拍手が沸き起こったのでマサムネキョトン。振り返ったら2階の関係者席?にチャットモンチーの3人が手を振っていました。(←演奏中に「ギャー!」って大感激だったようです^^ fromチャットモンチーブログ) そしてまたチャットモンチーとやりたいと挨拶した田村君、最後に「楽しかったでした!」と言って、自分で「アレッ?」って表情をしてかわいかったです。「楽しかったです!田村でした!」と言うつもりが縮めちゃったんですね(笑)。
続いてクージー。メンバーは「シャングリラ」のコソ練がバレないように、シークレットコード「S」と呼んで練習していたそうです。また、以前ロックロックでチャットモンチーと共演した時は男ばかりの出演者の中で花一輪って感じで打ち上げ楽しみにしてたけど、翌日の別フェスのためにすぐ帰っちゃって結局男ばかりの打ち上げになっちゃったらしく。今日はチャット色に染まれて良かった!と嬉しそうでした。
お次は崎ちゃん。今回「シャングリラ」を自主練するためにスタッフにCD焼いてもらったら、スタッフがニヤニヤしながら渡してきて、なんだろうと思ってプレイヤーに入れたらなんと1曲25分!「シャングリラ」が10回連続休み無しで入ってたそうです(笑)。曲の終わりがタカトン♪で、すぐイントロのドッ!ドッ!ドッ!ドッ!が始まる…っていうのを実際に叩いて再現してくれました。まるで1000本ノックみたいな感じで、8回ぐらいまでは頑張ったそうです(笑)。さすが崎ちゃん!
そしてテツヤ。汗でベッタリしている髪型を気にして、水から上がってワカメ付いてるんじゃないよ〜、みたいなネタ(笑)。あとは昔の髪型話だったかな?ドレッドヘアをしてた時、あれ羊の毛なんだそうですが、根元からボトッと落ちた事があるとかそんな話題。でも昔は今ほど汗かかなかったそうです。最近は代謝が良くなってきたのか、よく汗をかくそうで…。「でも俺の汗はイチゴの香りだから!」と言うテツヤに会場笑い。なんでも小学生の頃から言い続けてるネタのようです(笑)。
最後にマサムネ。高知は昔zeyoというライブハウスでやったことある、とか、高知城が好きだけど今回雨で足止めされた関係で見に行けなかった、など。(←もしかしたらこの話は冒頭のMCだったかも。汗)
そして、「チャットモンチー見てて思ったけど、3人編成っていいよね」と、サラリと爆弾発言。
テ:「ドキッ!」(会場笑)
田:「よかった俺ベースだ!」(会場笑)
マ:「いや、俺とクージーが抜けて、3人でやってみたら?」(会場:えぇ〜!?)
これ、実際に実演してみせるのかと思ったけど、あまりの「えぇ〜!」にそのままグダグダ終わってました(笑)。そりゃやっぱりスピッツはマサムネが歌わないと!

そして、アンコール2曲目は「バニーガール」、3曲目は「空も飛べるはず」でライブ終了。
この日はとにかく終始熱気ムンムン、ステージも途中からかろうじてマサムネの上半身がギリギリ見える程度までにぎゅうぎゅうで、前後・両隣の人達の汗でじっとり…。「スパイダー」のワイパーなんかとても出来るスペースは無かったんで、小さく小さく振りました(笑)。でも「8823」と「けもの道」は堪らず振りまくり!(しかし片手で^^;) 人垣でステージ全体は見えなかったけど、その分 周囲と一体になれてすごく楽しかったです。途中、田村君が向かって左側のスピーカー(を組んであるやぐらみたいなの)の上によじ登ってるのが見えてテンション上がった〜!ピースサインも連発してました!あとマサムネが、「シャングリラ」をあんなに完璧に歌ったのに、スピッツの曲では3曲も歌詞飛ばし。中でも珍しく「ロビンソン」でトチってて、すぐ後のMCで歌い直してくれました。それだけ暑かったってことでしょうか…(汗)。とにかくすごく熱くて、楽しくて、且つアットホームなライブでした。

そしてライブ後も、その翌日も、たむたむさんの案内で高知のグルメを堪能させていただきました。海の幸、山の幸、どれも新鮮!特に塩たたきがおいしかった!その後も色々とお世話になりまくり、本当に本当にありがとうございました!m(_ _)m この先ライブはもちろん、ライブ以外でも絶対にまた来るぞ!と誓った、大満足の高知遠征旅行でした。
「楽しかったでした!!」

そして高知を後にして、ジェン吉さんと電車で向かったのは高松。チケットがあれば私も一緒にライブを観たかったところですが、その日のうちに帰らなきゃいけないこともあり、今回はうどんランチだけご一緒させていただきました(^^; その高松へ向かう途中、メンバーがMCで行ってた「大歩危・小歩危」の景色を見ることができました!でも私もちょっとウトウトしてて所々ちゃんと見れなかった(汗)。次回また通る機会があったらしっかり見るぞ!っていうか実際に徳島に行って観光してみたい!そして香川では、今度はメンバーが行ったうどん屋さんに行きたい!
こうしてライブ遠征の野望はどんどん膨らんでいくのでありました…(笑)。
つづく。

Very very very special thanks to たむたむさん、ジェン吉さん♪

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system