スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

横浜サンセット2013
2013/09/14 横浜・赤レンガパーク野外特設会場

スピッツ主催の関東の夏イベ・新木場サンセットに代わって開催された「横浜サンセット」。スピッツの単独野外ライブとしては実に16年ぶりだそうで! 今回ベルゲン先行もオンライン先行もモバイル先行もことごとく外れてしまった私でしたが、なんとかぴあの先行でAブロック当選!というわけで無事参戦して参りました。
当日は名古屋からみかづきママさんと一緒に新幹線で横浜に向かい、最初そのまま赤レンガパークへ直行する予定だったのですが、渋谷タワレコで開催中の「小さな生き物展」を見るために一旦渋谷へ。ジャケ写で使われたリリエンタールグライダーの展示や、レコーディング中のメンバー写真の数々や、小さくなったスピッツメンバーや、随所に隠れているお楽しみを探しながら…。なんだかんだ1時間くらい居たかな?なかなか楽しめました(^^)
そしてまた横浜に戻り、会場ではたむたむさん&妹と合流。たむたむさんにはグッズ購入で本当にお世話になりました!ありがとうございましたm(_ _)m
その後ジェン吉さんと合流予定だったのですが、急遽開場時間が早まったらしくて既に中に居るとの連絡を受け、私達も慌てて入場列に並んで中へ。
場内は前からA→B→Cと全部で3ブロックあり、さらにAブロックの中は大きく横方向に3エリアに仕切られていて、真ん中以外はまだかなり余裕があったので、左側エリア(田村君側)の前方センター寄りを確保。ステージセットの左右には巨大ビジョンが設置されていて、ステージ奥には昔よく見かけたスパンコール看板風の(←フリッカーというらしい)カラフルなバックドロップの数々が。横浜にちなんで赤い靴やイカリ、アルバム「小さな生き物」にちなんで金魚やランプやグライダーなどの絵柄が、風でなびいてキラキラしてとても綺麗でした。
横から西日が差す中、いよいよ開演時間になり、場内手拍子! ステージセットの向かって左側の脇で、反対方向にカメラを向ける内藤カメラマンが居たので、右から出てくるんだなーと思って見ていると、左右のビジョンがメンバーの後姿をとらえ、そのまま彼らを追うようにステージが映り、そしてステージにメンバー登場! ステージを斜め下から見上げる形で首が痛かったけど、ホールライブで換算すると10〜15列目くらいにあたる距離感で意外に近かった!!

マサムネは紺地に白のボーダーポロシャツに麦わらハット、テツヤはPeter de Potter by PROJECTのグラフィックTシャツに黒(グレー?)のハット、田村君はグッズのボーダーTシャツ、崎ちゃんはカラフルなストライプシャツ姿でした。

この日のセットリストはこちら。

01. 恋のうた
02. 涙がキラリ☆
03. みそか
04. ハチミツ
05. 僕はきっと旅に出る
06. 夏が終わる
07. 小さな生き物
08. さらさら
09. ルキンフォー
10. 運命の人
11. りありてぃ
12. ランプ
13. アパート
14. 月に帰る
15. チェリー
16. 渚
17. 恋する凡人
18. 8823
19. メモリーズ・カスタム
20. 海を見に行こう
e1. ヒバリのこころ
e2. ベビーフェイス
e3. 夢追い虫

マサムネがシェイカーを持ち、「恋のうた」でスタート!!野外で聴く「恋のうた」は格別です。肉眼でもステージがすごくよく見えるし、横のビジョンでは見え過ぎるくらいドアップなメンバー達。すごく楽しそうでこちらも思わず笑顔。「みそか」では崎ちゃんのバスドラ炸裂でさらにテンション上がります!!!
そしてマサムネの第一声「こん…ばんはスピッツです!」。(←時間帯的に「こんにちは」と「こんばんは」を一瞬迷った模様。笑)「後ろのほうまで見えますかー?」と大きく両手を振りながら「草野ですっ!」って言ったのがなんかかわいくてツボでした。
野外イベントということで、「もし気分悪くなったら避難してね」「避難先まで届くようにパワフルに歌うから…」と言いつつ、「パワフルって言葉似合わねーな(笑)」とマサムネ。
で、最後まで楽しんでってください!と始まった「ハチミツ」では、いきなりやっちゃいました歌詞飛ばし! ワーッとはしゃぐ私達(笑)。言葉に詰まった瞬間のマサムネの"しまった!"って表情が左右のビジョンに大写しになってて、これまたかわいかった!(≧▽≦)
クージーの軽快なピアノで始まったのは「僕はきっと旅に出る」。これ早く聴きたかったから嬉しかった〜!そしてそして、チャララララン♪チャッチャッチャ♪のイントロギターで「夏が終わる」!おぉ〜まさに今にぴったりな選曲! とってもいい雰囲気です。

MCでは、「夏が終わる」がもう20年前の歌だと言うマサムネに「じぇじぇじぇ!」と反応するテツヤ(笑)。当時、暑い夏を見越して"暑すぎた夏が終わる"って歌詞作ったら1993年は冷夏でコメ不足で、「今日のために作った曲だったのかも」「今日ここで歌えてよかった」的な事を言って会場拍手。そうか、タイ米いっぱい食べたあの夏はもう20年も前なのか、その頃はまだスピッツを知らなかったな…などと回想しつつ、夏イベ恒例のカバーソングコーナーで「夏の日の1993」を歌うのかと期待してしまったのは私だけでしょうか(笑)。(結局この日はカバーソングコーナーはありませんでした^^;)
あと、このブロックだったかな? テツヤが「俺ら横浜のロマンチックな夜に似合ってる?」「楽しんでる?」って言ったあと、「どうせ一人で来たんだらー?」とブラックテツヤでした(笑)。
また、横浜で開催ということで…。
マ:「ロックバンドだったらかっこつけて横浜〜!って煽ったりするのかな? …おーさーえーきーれぬ〜♪よこはまぁぁぁ〜〜っ!!」
テ:「スピッツはそういうのやんないバンドだから」(会場笑)

また、ニューアルバムが出て、慣れないテレビにも出て…というMCでは、「こないだのテレビ(←関東ローカルの「オトナの!」)俺ら顔色悪かったでしょ?」とテツヤ。なんでも、収録がロックロックこんにちは!の翌日で、みんな飲み疲れだったそうです(笑)。
で、めざましテレビにも出たんだけど、「実際はあの10倍ぐらい喋ってる、田村が"味噌汁"って言ったけどそのあと味噌の話で小一時間喋ってるからね!」とマサムネ。いやいやさすがにそれは話盛ってるでしょうけど(笑)、そんなメンバートークを延々聞いてみたいものです☆

「運命の人」も、最近は新しいバージョンでちょくちょくやってくれるようになって嬉しい限り。最初の打ち込みの部分は崎ちゃんの休憩タイムなので(笑)、ニコニコしながらリズムをとっている崎ちゃんを眺めるのが好きだったりします(^^)
続いて、マサムネが(…だったよね?)エレキギターをギュイ〜〜ンと鳴らし、おっ!と思ったら来ました「りありてぃ」!やっぱライブ映えする〜♪予想以上にかっこよくてハマりました。
曲が終わり、「りありてぃ"カッコひらがな"を聴いてもらいました」とマサムネ。確かこのへんでババババ…と上空に小型飛行機が飛んでて、その音待ちをしてたように思います。で、次もニューアルバムから、ということで「ランプ」。ほっこりした曲調で、横揺れしながら浸るように聴きました。
次に、ちょっと懐かしめの曲をと言って始まったのは「アパート」!キーが高かったのでイントロ聴いてあれ?って思ったけど、やってくれて嬉しかった!!それにしても原曲よりキー上げるってすごいな。
そしてもっと嬉しかったのが「月に帰る」!! 左右のビジョンに大きな月がドーンと映って、あれ実際の月を映してたと思うんですが、私の位置からは月が見えなかったので、どこどこ?となっちゃいました(汗)。歌の最中もふわっと雲が掛かる月を映したり、それがマサムネと重なったりして幻想的な演出でした。ぜひライブバージョンとしてビデオクリップ化して欲しい!

マ:「汗も引いてきたけど、ここからもっと熱く…」(会場:イェーーー!)
(マサムネ、手のひらを広げて"まあ待て"と抑えるように)
マ:「徐々に!」(←「じょーじょーに」って言い方で)(会場笑)
マ:「・・・スピッツに、ついてこ〜い?」(会場:うおーー!)
で、始まったのは「渚」! 確かにこれは徐々にアガる!そして崎ちゃんの安定の千手観音ぶりも、前から上から、カメラが複数あってしっかり拝むことができました。しかもこの時さらさら〜っと涼しい風が吹いて、潮の香りがして最高のシチュエーションでした。
続いて「恋する凡人」→「8823」→「メモリーズ・カスタム」の最強コンボ!!一瞬涼しかったのがすぐまた暑くなりました。田村君もいつも以上にピョンピョン飛び跳ね、右腕もぐるんぐるん!(通称大車輪!?)テンションMAXです!
そしてマサムネが「忘れられない夜になりました」「お客さん一人一人と三浦海岸で語り明かしたい」と挨拶し、アコギの軽快なイントロの「海を見に行こう」で本編ラスト。海沿いで聴くと一層気持ちいい〜!
しかしもう本編終わりって、早すぎる…!(>_<)

アンコールでは、マサムネはモノクロのギンガムチェックポロシャツ、テツヤはさっきと同じブランドの別柄Tシャツ、田村君&崎ちゃんは衣装替わらずでした。

デビュー曲「ヒバリのこころ」を経て、ゆかいな仲間たちの紹介(メンバー紹介コーナー)、まずは田村君から。
「海ねこ」のイントロベース(たぶん)をゆっくりめに弾いて、声援が収まってから「田村です」とお決まりの一言。田村君はアルバムリリースキャンペーンのインタビューで、「音楽以外で今ハマってる事はなんですか?」って言われることが多くて毎回困るそうです。
田:「俺は音楽に、スピッツにハマってるから…」(会場:おおおー!)
マ:「じゃあかっこよく"スピッツに決まってんだろ!"って言ってよ(笑)」
田:「でも小心者だから言えなくて、"縄跳びです"って」(会場笑)
(↑数日前のスペシャ特番で、崎ちゃんと二人揃って「縄跳び」と答えてました☆)
それから、「後ろぉーー!」「前ぇーー!」って観客に呼びかけて、大きなレスポンスをもらってました。
田:「この歓声、隣でやってるアジカンに届け!」(会場笑&大歓声)
(↑この日、すぐ近くの横浜スタジアムでアジカンがライブ中だったのです。)
で、田村君が一旦ソデに引っ込んだところでマサムネが、「ニューアルバムを食べ物に例えると味噌汁って田村が言ったんですよ」と解説。え、ここで?(笑) 確かに、序盤のMCで唐突に「味噌汁」って言ったから、めざましテレビを見てなかった人のために説明しておきたかったんですねマサムネ(^^;

そしてメンバー紹介二番手は珍しくテツヤ。
ライブ中にもステージのすぐ横まで遊覧船が来てたんですが、前日のリハの時にもタイタニックのテーマやABBAのダンシングクイーンを流しながらすぐ近くまで来てリハを聴いていたそうな。
マ:「船から見てるお客さんからも徴収して皆さんに還元したいね(笑)」
テ:「今日ライブ終わったらあそこでグッズ販売するから!」(会場笑)
あと、あの後ろのホテルのてっぺんにヒト居るの知ってる?とテツヤが指差し、一斉にうしろを振り向く観客達。あの半月状の建物の上を見ると…本当だ、何か居る!…と思ったら、ビジョンにその拡大映像が。(←ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのみちびきの像というそうです。)
テツヤはそれをアド街ック天国でやってたのを見て、いつかここでライブやったら言おうと思ってたとか。それで「ほぉ〜!」と納得の観客達とは対照的に、どこどこ?ってなってるマサムネに、「マサムネは老眼だから見えないかぁ〜!」とここでもブラックテツヤ(笑)。

続いて崎ちゃん。
お約束のシンバルごっつーんを、ビジョンでハッキリ見れました(笑)。
崎ちゃんは横浜サンセットの開催が決まってから、春先に下見がてら赤レンガ倉庫に遊びに来たそうです。そこで、どんなライブになるかなーと想像しながらフルーツポンチ食べたとか。崎ちゃんの口からフルーツポンチって響きがかわいくて…(≧▽≦) 結果、想像以上のライブになりました!と言って会場拍手。

クージーは、マサムネ込みで客席写真をパチリ。
野外と言えば、以前別の野外ライブで小さな虫が次々にマサムネの髪に入っていって、一向に出てこなくて気になったという話。
マ:「あれは入ってきたんじゃなくて帰ってきたんだよ」(会場笑)
今日は帽子かぶってるから大丈夫、これ虫除けだから(笑)、とマサムネ。日除けじゃなくて虫除け帽子(笑)。

そして最後はマサムネ。
結成26年にして崎陽軒と初コラボできた、ってここで言ってたのかな?(←「ス」の焼き印が入ったシウマイまんを限定販売していて、道中みかづきママさんの旦那様が買ってきて下さいました。おいしかったですありがとうー!)
マ:「このライブを目標にしてたから明日からどうしよう」(会場笑)
ほんとです。開催が発表されてからライブまで長いと思ってたけど、あっという間過ぎました(>_<)
そして…。この日のセットリストを選ぶにあたり、次の歌で偶然過去14枚すべてのアルバムから選曲したことになる、と言って「ベビーフェイス」へ。おぉ〜!なんか久々な気がします。それにしても意図せず偶然に全アルバム網羅ってのもすごいな〜。
そしてオーラスは「夢追い虫」。ほんとにまんべんないセットリスト。でもものすごく短く感じたので、夏イベだから普通のホールライブより曲数少ないのかなーとか思ってたんですが、振り返ってみれば通常ライブ並みにたっぷり歌ってますね。超超超充実なひとときでした。

最後、メンバーがピックやスティックを投げ、ステージ退場。なんと!マサムネが投げたシェイカーがすぐ近くまで飛んできて、ゲットした方に見せて頂きました。サインも入っててうらやましい〜!
そしてフィナーレは打ち上げ花火。結構長く、豪華なスターマインでした。この夏花火見てなかったから嬉しかった!!
一日ずっと天気も良かったし、暑かったけど時折涼しい潮風も吹いたりして、通常のホールライブとは違う、いつもの夏イベとも違う、とても特別なライブでした。

終演後に改めてジェン吉さんとご挨拶し、ベルゲン会員ブースでステッカーをもらい、皆さんと現地解散してから妹とベロタクシーに乗って中華街へ行き、正宗生煎包を堪能。(←完全に名前から。笑)周囲にはスピッツTシャツ着た人とアジカンTシャツ着た人がたくさん居ました。そこから足早に新宿へ向かい、夜行バスで名古屋へ帰還。本当にあっっっという間に過ぎた一日でした。ふと起きたらもう名古屋着いてたし(汗)。
とにもかくにも楽しかった!(≧▽≦) あいかわらずMCの言い回しは記憶を補完しているため正確ではありません☆ 位置もきっとバラバラだと思いますが、そこは雰囲気で…(^^;
次また16年後なんて言わず(笑)、ぜひまた開催して欲しいものです!

ちなみに…。この日は有人のクレーンカメラ数台と、大型の無人クレーンカメラもあったりして、VTRが公開されるかもしれないから予めご了承くださいという開演前アナウンスがありました。実際ライブ翌週の朝の情報番組で紹介されたようですが、それだけで終わらずにぜひぜひ映像作品として残りますように!(できれば「ハチミツ」でトチッた所も含めてノーカットで!笑)

Very very special thanks to みかづきママさん&たむたむさん&ジェン吉さん&あやさん他みなさま♪

<追記>
この日のライブの模様が本当にノーカットでスクリーンに!!
「スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-」
⇒上映スケジュールはスピッツ公式サイトにてCHECK!

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system