スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 "FESTIVARENA"
2014/08/01 日本武道館(最終日)

"2014年の特別な夏祭り"もいよいよファイナル。スピッツ初の武道館単独公演でありながら既に4回目を迎えるこの日に、お誘い頂いて行って参りました!
今回も名古屋から夜行バスで早朝新宿に到着し、この春残念ながら閉店してしまった「喫茶バルコニー」の跡地を名残惜しく眺めに行った後、妹と合流して江戸東京たてもの園の「ジブリ立体建造物展」を見に行きました。これがなかなか面白くて思いのほか長居してしまったため、武道館に到着した頃には既にグッズの先行販売が始まっており、そこから慌ててガチャガチャの列に並んだものの、1時間並んで結局買えず(汗)。名古屋である程度ゲットしてたとはいえ残念…(>_<)。完璧計算ミスでした。その後リハの音漏れをちらっと耳にしながらベルゲンブースで会員限定バッグを買い、ガチャガチャ以外のグッズの買い足しをし、開場前にIさんと初めましてのご挨拶♪ それからジェン吉さん、あやさん、たむたむさん達とお会いしてしばしおしゃべりしてからの会場入り。
この日取って頂いたチケットは、2階南東スタンドのD列目(4列目)。名古屋2daysではありがたいことにアリーナ前列だったので、この日はステージ全体を楽しもう!と意気込んでいました。個人的に亀恩を含めて3度目の武道館でしたが、やっぱり広く感じない…というかむしろガイシホールより狭いんじゃないか?と思ってしまう程。テツヤがしきりにおっぱいみたいと言っていた今回の照明セット(この日は言ってなかったけど☆)は、斜め上から見てもやっぱり迫力がありました。
開演時間になって客電が落ちた瞬間、観客達が付けているグッズのフラッシュピンズの多さとその瞬きに大感動! それぞれの購入時期によって元気な光だったり、かすかな光だったりと様々で、めちゃくちゃ綺麗でした。自分のは残念ながら電池切れ(悲)でしたが、ファッションとして付けて楽しみました☆
そしてステージ上部のビジョンには、特製SEに乗せてオープニング映像が展開。改めてしっかり見ることができて良かった♪
拍手の中登場したメンバーの服装ですが、このフェスティバリーナ期間中は全箇所とも初日・2日目で2パターン衣装ローテーションしてたみたいで、この日は2日目パターンでした。(マサムネが水玉シャツの日。←ちなみにこのシャツ、フロント部分はボタンかと思ったらジッパーになってるようでした。)
セットリストは名古屋公演初日と同じく5曲目が「ラズベリー」のパターンでしたが、14曲目が「僕のギター」、18曲目が「遠吠えシャッフル」に変わり、アンコールが「稲穂」と「不死身のビーナス」でした!

では今回も覚えてるMCをだらだらと。セリフはあいかわらず適当に補完してますのでご容赦を…!m(_ _)m
まず1曲目から6曲ノンストップで演奏したあと、金曜の夜をスピッツのために武道館に来てくれてありがとう的な挨拶をしたマサムネ。武道館に向けて皇居の周りをジョギングしたり、この夏ビールをまだ一滴も飲んでなかったりして、今日は全部出し切るつもりで頑張ります!と言って会場拍手。
また、いつもはスピッツの前後に同じ会場でライブをやるアーティストをネットで調べてMCのネタにする事が多いそうですが、今回調べたら前々日の武道館はライブではなく剣道の試合があったらしいとのこと。
テ:「明日も何か武道をやるらしいよ?」
マ:「・・・特にオチはありません(笑)。スピッツです!」(←ねづっち風)(会場笑)
続いて、同じMCブロックか忘れましたが、最近カタツムリって見かけないよね?とマサムネ。なんでも、家を建て替えるとカタツムリはその一帯から絶滅するのだそうです。東京は建て替えが早いからね、と早速トリビアを披露してました☆
テ:「それならこの辺はまだ居るかもね」
マ:「じゃあ今日のライブが終わったらカタツムリ探そうかな?」
テ:「それ不審者だよね」(会場笑)

そして、武道館ライブということで知り合いもたくさん見に来てくれたそうで…。マサムネ、この曲知ってます?と言って「すいみんすいみんすいみんすいみんすいみん不足♪」と、キテレツ大百科の主題歌を披露。懐かしい!これ、もう解散してしまったCHICKSというバンドが歌ってるんだそうですが、昔スピッツの曲のコーラスに参加してもらった縁もあって、当時のメンバーも見に来てくれたんだとか。(←あとで調べたら「353号線のうた」の事でした。そんな繋がりが…!)
マ:「女の子4人組のバンドだったけど、スピッツ当時誰とも付き合ったりしなかったね」
テ:「ほんとにィ〜?」(会場笑)
マ:「当時はネットも無かったから、もしあったら"スピッツとCHICKS絶対付き合ってるよ"って書かれてたかも」
テ:「ネットは無かったけどポケベルはあったよ?」
マ:「88でハートとか?(会場反応薄)・・・皆さんもっと下の世代なのかな?」
テ:(ぐるりと会場を見渡して)「よく見えない!」(会場笑)
↑ある時はよく見えると言ったり、見えないと言ったり、便利なサングラスです(笑)。
そこからネットの書き込みの話になり…。
マ:「前に、"今日新宿でマサムネさんを見た、意外とイケメンだった"って書かれてたんだけど、俺その日新宿行ってねーし(笑)」
テ:「俺も"青梅街道沿いのコンビニでエロ本読んでた"って書かれてた。違うから!」(会場笑)
あと、スピッツはネット上であまり悪口を書かれないっていう書き込みがあったらしく。
マ:「そこに絶妙なタイミングで、"イケメンが居ないからじゃね?"って書き込みされてた(笑)。それ崎ちゃんに失礼だろ〜!」(会場笑)
ここで崎ちゃん、ドラムをダダン!と叩き、「今のタイミング良かったね!」とテツヤに絶賛されてました(笑)。それにしてもほんとよくネット見てるんだな〜みんな(^^;

また、「正夢」がドラマ「めだか」の主題歌だったというMCから、「愛のことば」もドラマ「あすなろ三三七拍子」の主題歌になって、回を追うごとにドラマも面白くなってきてるから是非見てねと宣伝するマサムネ。そしてそのままメンバー紹介コーナーへ突入。
トップバッター田村君はこの日も「おっぱい」のイントロギターをベースで弾いてくれました♪ 拍手が収まって「田村です」と挨拶し、ドラマの話題を受けて三三七拍子の話に。
田:「ドラマにケチ付けるわけじゃないけど…」
マ:「えっ何、フォローしないよ?」(会場笑)
田:「三三七拍子って音楽的には四拍子じゃん。(会場:?)だって三三七拍子だったら、ンパパ/ンパパ/ンパパパパパパ、でしょ?(←手を叩いて説明)(会場:あ〜)…ま、スピッツはこういう所から来てるんだけどね」
マ:「ああ、こういう強情なところ?」
田:「そう。武道館でライブやらないとかさ! やっちゃってるけど(笑)」(会場笑)
で、このメンバーのMCコーナーはダラダラ長いだけで大したこと話さないからトイレ行くなら今のうちだよ!と言う田村君に、だったら手短に話せよって感じで突っ込むマサムネ(笑)。
田:「アルバムで捨て曲ってあるじゃん」
マ:「無いよー!」(←間髪入れず)
田:「いや、あるじゃん」
マ:「何がぁー!?」(←言い方が素だった笑)
田:「スピッツは無いよ? でも他のアーティストのアルバムとかで「この曲なげーな」とかあったりするじゃん。それを我慢して聴いた次の曲の、パァーッ!と開ける感じ。だからこの長いMCの後に・・・みんなは草野が王子様に見えるわけでしょ?(会場笑)まんまと草野の罠にハマってるね!」
マ:「いや田村の罠かもしれないよ?(笑)」
田:「つまり何が言いたいかというと、スピッツの売りは曲だから! だって、踊れる?(マサムネに向かって)踊れないでしょ?イケメンも居ないでしょ?崎ちゃん以外。筋肉も無いでしょ?背も低いでしょ? やっぱ曲なんだよ。だからこのMCは曲を活かすための物であって・・・」
↑正確ではないですがこんな感じで(※もっと長かった)、延々熱く語る田村君と、その話を早くまとめようとするマサムネの図が可笑しかったです。 途中「MCだけのDVD出そうか?」「いやいやいや無い無い無い!」みたいなやり取りもありました(笑)。 この二人が喋ると学生時代のノリに戻るのか、聞いていて面白いから好きだわ〜☆
あと、スピッツのワンマンライブは今年はこれが最後だと言う田村君に、会場から一斉に「えぇぇ〜っ!!?」の声。
田:「だってもう今年たくさんやったじゃん〜!(笑) でもスピッツはこれからも続いていくわけだから」(会場拍手)
そしてこのタイミングだったか忘れましたが、田村君が「一度再結成してみたいんだよね〜!」と言い、マサムネが「してみたいね〜!」と同調してました(笑)。解散しないからこそ笑って言えるスピッツジョーク!
順番が終わって田村君がソデに引っ込むと、お盆に飲み物・食べ物を乗せたスタッフとうちわを持ったスタッフ数人がわらわらわら…と出てきて、田村君を囲んでの休憩タイムが繰り広げられてました(笑)。位置的に詳しくは見えなかったけど、やっぱり楽しそう!

続いてクージー。激しい曲のあとで崎ちゃんがぐったりしてると思ったら、扇風機で頭冷やしてたんだね!と言って、崎ちゃんの横にあるダイソンの羽無し扇風機がビジョンで大写しに。するとマサムネが「スピッツのステージには電化製品が多いんですよ」と言って、田村君側にあるマーシャルアンプの所まで歩いていって扉を開け、実は冷蔵庫であることを種明かししてました(笑)。 また、ライブ後半から登場する後ろのやぐら風セットは人力で吊り上げているとのこと。スタッフ達がサササッと黒子のように一斉にスタンバイして吊り上げる様子がクージーの位置からよく見えたそうです。マサムネも以前他のアーティストの武道館ライブにゲスト出演した時、ステージの下からせり上がって登場する装置が人力だった事を語ってくれました。

崎ちゃんは、いつものように立ち上がってお辞儀→シンバルごっつーん!の後、昔剣道の大会で武道館に来たことがあるという話題。残念ながらその時は一回戦で負けちゃったんだそうですが…。剣道の試合では開始と終了の合図に太鼓を叩くそうで、ドラムで再現してくれました。
崎:「はじめ!(ダダン!)…やめ!(ダダン!)って感じで。当時は竹刀を持っていて、今はこうしてスティックを持っていて、同じ棒を持っているっていう(笑)」
マ:「崎ちゃんは棒が好き!」(会場笑)
実際裏に大太鼓があったそうで、「崎ちゃんにふんどしで叩いて欲しかったね!」「でもそんな神聖な太鼓簡単に貸してくれないか〜」とマサムネ(^^;

お次は、田村君の長いMCを経てやっと順番が回ってきたテツヤ(笑)。「こないだテレビ見てたらさー」という出だしにマサムネが「テレビ出たの?」と聞き間違え、「ん?テレビ出た事あるよ?」とすぐ反応してました(^^;
聞けば、嵐の番組に佐藤健君が出ていて、この日のテツヤの衣装(紫色の柄物トップス)と全く同じだったんだとか。
マ:「スタイリストさんが同じだと被ることあるよね。俺もアンガールズの田中君と同じ服の時あった」(会場笑)
テ:「なんか恥ずかしいよね。○○クロ(←"まるまるくろ"と発音)の服着て歩いてたら向こうから同じ服の人が来た、みたいな。あれ恥ずかしいらー?」(会場笑)
↑"ユニ被り"、あるあるですね(笑)。テツヤも普段は普通にユニクロ着たりするんだな〜という事と、服が被って気まずい気分になってるテツヤの図を想像して和んでしまいました。テツヤ曰く、同じ服でも健君が着てると爽やかでいい匂いがしそうだったとのこと(笑)。
そこからどういう流れだったか話の矛先が崎ちゃんに移り…。
テ:「崎ちゃんはインタビューで話聞いてるようで聞いてない事多いよね。「何だったっけ?」って。(会場笑)でもそれは文字にならないんだよな〜」
ここでテツヤ、崎ちゃんに向かって両手をパタパタして"叩いて!"ってジェスチャーし、崎ちゃんが慌てて素手でドラムをダダン! …でも素手だから音が小さかった(笑)。手首をプラプラと振ってイテテ〜というジェスチャーをする崎ちゃんがかわいかったです(^^)

そしてラストはマサムネ。解散してしまったバンドの曲はもう本人達には演奏されなくて勿体ないから、その曲をもらえないかな?と前日のMCで話してたそうで、ジュディマリの「そばかす」とブルーハーツの「リンダリンダ」のサビをメドレーで披露!
マ:「これ昨日も盛り上がったんで、今日は封印してたアレをやろうかな? 崎ちゃん音ちょうだい。ご機嫌なビートのやつ!」
お?もしやアレをやる…?実はメンバー紹介の時間中まったり座ってた私でしたが、思わず立ち上がってスタンバイ。そして予想通り来ました!ゴールデンボンバーの「女々しくて」!(笑)ここぞとばかりに片手を高く挙げてジャンプしました☆ しかもこれ、この日初めて気づいたんですがテツヤ弾いてない…!(笑) キメキメで歌うマサムネと、ご機嫌なリズム隊の二人、そして腕組みしながら笑って傍観してるテツヤがビジョンに映って、その光景がなんとも可笑しかったです。
マ:「これ武道館でやってみたかったんだ(笑)。 一番盛り上がったね!」(会場笑)
最後は、(これはもしかしたらアンコール時のMCだったかもしれませんが)「自分から音楽を取ったらただの変なおじさんなので、これからもスピッツを生暖かく応援してください」というようなマサムネのシメで会場拍手!

こんな感じで、この日もMC盛りだくさんでした♪(順番や詳細は全く正確ではありません☆)
田村君が言ってたようなMCだけのDVD、いつか見てみたいです(笑)。それより何よりライブDVD自体を是非…!今回のフェスティバリーナは絶対絶対映像化して欲しい〜〜!!(>_<)

今回久しぶりにテツヤ側の席だったので、テツヤを中心に見つつ楽しみました。何度もステージ右端に来てくれて嬉しかった! マサムネもたくさん右側に来てくれて、「ヒバリのこころ」ではタイミングを間違えたのかいつもより急いでセンターに駆け戻ったりしてました(^^; でもやっぱり一番動くのは田村君。「8823」ではまたドラム台の後ろでスタッフに何か食べさせてもらってて、何だったかは見えなかったんですが、フロントに戻ってきて弾きながら指の背をペロッと舐めて(しゃぶって?)いました。(口の周りを拭いてたのかも?)あと終盤どこかの曲ではベースを完全に床に置いて両手でイェーイ!ってやってるシーンもありました(笑)。
名古屋公演では見る余裕のなかったビジョンも今回はバッチリ、というか半分はビジョン見て楽しみました! この映像がまたポイントを押さえたカメラワークでめちゃくちゃ良かったです。 画面を4分割してメンバーを映してる状態から、テツヤのギターソロになったら全面テツヤに切り替わるし、ここ崎ちゃんのドラムの聴きどころ!という所で崎ちゃんの映像に切り替わるし、田村君を追うカメラは相変わらずせわしなく動いてました(笑)。 あと「正夢」の時は画面のあちこちにレースの花模様がぽわんと浮かんでは消え…という可愛らしい演出だったんですが、時折その模様がマサムネの顔の位置にモロ被りする瞬間があり、なんだかシュールで笑ってしまいました。せっかくいい曲なのに表情が見えないよ〜!(^^; でもそれ以外はすごく良かったです! 何かの曲では崎ちゃんが完全に横向いてカメラ目線で、とびっきりの笑顔でドラム叩いてるのがアップで映ってめちゃくちゃときめきました。 序盤の「けもの道」のイントロ前のアドリブベースで田村君がエフェクトぐいぐい掛けてる時も、ビジョンに手元が大写しになって、右手人差し指を下からクイッと動かして観客を煽って、そこからワァーって拍手が沸き起こったのも痺れたな〜!…そういえば「けもの道」で原曲通り「東京の日の出」って聴くのは個人的に初めてだったかも。 初めてと言えば「遠吠えシャッフル」も、ちいものツアーではやってくれなかったのでこの日初聴きでした。曲の中盤、CDには無いドラムソロっぽい所があったのがかっこよかった!
「僕のギター」も久々だったので嬉しかったです。 また「ラズベリー」ではテツヤがコーラスしてる事を改めて発見! 「チュ チュ」の部分じゃなくて、2番Aメロのバックでクージーと一緒にHuhhh〜♪って、とても綺麗でした。
「野生のポルカ」の歌詞は、東京ということで原曲通り「武蔵野の空」。このコーラス直前のテツヤの雄叫びが凄かった!「行こうぜぇ〜〜ッ!!」「一緒にぃ〜〜ッ!!」って聞こえた気がしたけど、言ってた…?とにかくめちゃくちゃテンション上がりました!(≧▽≦) そしてアンコールラストは「不死身のビーナス」!この曲は名古屋でも東京でも歌詞変更なしで「ネズミの街」と歌っていましたが、CDと違うこのライブアレンジは何度聴いてもかっこいい!また昔みたいに定番曲になってくれたら嬉しいな〜♪

最後のメンバー退場時、武道館は物を投げるのが禁止らしくていつものピック投げやスティック投げはありませんでしたが、ピースしながら手を振る田村君や、深々とおじぎするマサムネ&テツヤ、片手を挙げてグーにして颯爽と去っていく崎ちゃんに会場から惜しみない拍手が送られました。
武道館だからって特別に何かする事もなく、ファイナルだからってダブルアンコールするわけでもなく、サクッと終わるのがまたスピッツらしい。 7月の武道館前半2daysのアンコールで「晴れの日はプカプカプー」をやったらしいので、後半2daysはもしかして「おっぱい」をやったりして…?とこっそり期待してたんですがそれも無く(汗)。(←メンバー紹介のとき田村君がベースで弾いちゃった時点で「あ、今日は無いな」と確信した私^^;) でもホント良かったです。ファイナル来て良かった! 今回の照明セットのように、「稲穂」の歌詞のように、まさに花火が打ち上がった気分でした。 こうしてステージを見る度に、4人の演奏を聴く度に、また見たい!聴きたい!という思いが強くなる…。まんまとスピッツの罠にハマっています(*_*)

終演後はさもさんをはじめ皆さんとちょこちょこっとご挨拶をし、妹と遅めの夕飯を食べてから夜行バスに飛び乗り、名古屋へ帰還。弾丸遠征でしたがとても楽しい夏の思い出となりました。
現地でお会いした皆様、そしてスピッツ!素敵な夏祭りをどうもありがとう!m(_ _)mまた会いに行きます!!

Very very very special thanks to ジェン吉さん、あやさん、たむたむさん、Iさん、さもさん、Cさん他みなさま♪

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system