スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

SPITZ JAMBOREE TOUR 2016 醒 め な い
2016/09/20 名古屋センチュリーホール(初日)

※曲名MCすべてネタバレしてますのでご注意下さい※

台風16号が近づく中、行って参りましたセンチュリーホール!
当日は早めに仕事を上がり、会場に着いたのは15時頃。風に傘をあおられながら、手前の駐車場に停めてあったツアートラックを写真に撮りつつ中に入ると、すでにグッズ先行販売を待つお客さんの長蛇の列。中でもモニャモニャぬいぐるみ目当ての人は朝から並んでいたそうです。スゴイ!(@_@) 実際販売開始15分くらいでぬいぐるみだけ完売になってました。 私はありがたいことに既にゲット済みだったので、のんびり1時間くらい並んでその他のグッズを無事購入。
ちなみに今回のツアーでもアルバムを買うと先着でメンバー直筆サイン色紙がもらえるという企画アリで、この日のマサムネによるご当地イラストはオボッチャマンくん(アラレちゃんに出てくるあの男の子キャラ)だったようです。懐かしい〜!名古屋はここ最近ずっと鳥山明シリーズですね。
さて、この日は台風の影響を考慮して開演時間を30分遅らせるというアナウンスがあり、開演ギリギリに到着したみかづきママさんと無事合流して、買ったばかりのロールアップTシャツに着替えていざ席へ。 今回はみかづきママさんに取って頂いた2階4列目。生まれて初めて生スピッツを見たのがここセンチュリーホールの2階席だったので、当時の事を思い出しながら開演を待っていると、ほどなくして場内が暗くなり…。
普段なら拍手の中シンプルにメンバーが出てくるんですが、今回はなんと「SUGINAMI MELODY」を壮大にアレンジした登場SEがありました! 通常のアルバムツアーで登場SE使うなんて今まで無かったし、この曲自体まだ一度もライブで聴いたことない(演奏自体ない?)のに、こんな形で聴けるとは…!元々大好きな曲だし、中盤ちょっとケルティックなテイストになっていてめちゃくちゃ良かったです。この音源欲しい!
ステージ手前に等間隔に並んだ照明が下から天井を照らし、その光の柱たちの奥で、SEに乗せてメンバーが登場し場内大拍手!

この日のセットリストはこちら。

01. みなと
02. 恋する凡人
03. 日曜日
04. 運命の人
05. コメット
06. 空も飛べるはず
07. ビギナー
08. アカネ
09. グリーン
10. 子グマ!子グマ!
11. 放浪カモメはどこまでも
12. ヒビスクス
13. モニャモニャ
14. 夢じゃない
15. 楓
16. 醒めない
17. スパイダー
18. けもの道
19. トンガリ'95
20. 8823
21. こんにちは
e1. 魔法のコトバ
e2. ナサケモノ
e3. 野生のポルカ

この日のメンバーの服装は、マサムネ→グレーor水色っぽい半袖シャツ(フロントに縦ラインの切り替えし?あり)、テツヤ→胸ぐりがV字に開いたベージュ(というか黄土色)のダボッとしたトップス、田村君→黒地に何か柄の描かれたTシャツ、崎ちゃん→紺っぽいざっくりした襟なし半袖シャツ、でした。(ボトムは覚えてないので省略☆)

自分的ツアー初日ということで、今回は曲ごとの感想とともに。
MCで覚えてるところは相変わらず私の記憶フィルターを通してますので、順番がちぐはぐだったりセリフの言い回しが違うかもしれませんが、あくまでこんな雰囲気だったということで一つよろしくお願いしますm(_ _)m

01. みなと

事前に1曲目は「醒めない」かなと予想してたんですが、開演前からステージ上に薄緑色のグレッチギターが置かれてたので「みなと」だと分かりました。どっしりと、それでいて優しい幕開け。しみじみ良い歌だ〜…。

02. 恋する凡人

マサムネがエレキを持ち替えて一気に会場がヒートアップ。 「走るんだどしゃ降りの中を」なんて、まるで今日のためのような曲!

03. 日曜日

日曜じゃないけど日曜日(笑)!これ個人的に生で聴くのは初めてかも? イントロの"A♭E♭♪ A♭E♭♪"の部分がCD通りの早さだったのに、歌の部分がゆっくりに聴こえてちょっと戸惑いました(汗)。でも聴けて嬉しかった!

04. 運命の人

リズムパターンの打ち込みからのマサムネソロアコギ。そこからだんだん増えていくパート。もはやここ最近の定番になりつつありますね。この曲を当たり前に聴けることをしみじみ嬉しく思いながら聴き入っちゃいました。

05. コメット

今回ステージ後ろに設置された複数のパネルに、曲ごとにいろんなパターン映像が映し出されていたんですが、「コメット」では光の粒の集合体が立体的に渦巻く映像が映し出されて、曲調と相まってとても綺麗でした。

★ここで最初のMC。
悪天候の中スピッツのためにありがとうございます、とマサムネ。台風のせいか(気圧の影響?)10時間くらいたっぷり寝たんだそうです。
マ:「今日も楽しませますんで、任せろっ!」(会場拍手)
…と かっこよく次の曲へ行くも、肝心のマサムネがギター弾き損じてやり直し(笑)。
マ:「任せろって言ったら動揺しちゃった(笑)。One more time!」

06. 空も飛べるはず

セットリストに毎回必ず入れる有名曲枠、この日は空飛べでした。なごやか〜♪

07. ビギナー

おお〜微妙に懐かしい。ライブ版では毎回イントロのギターのメロディ部分をキーボードで再現するのでクージーにも注目。 でも間奏のテツヤのライトハンドはここぞとばかりに2階から双眼鏡で拝ませて頂きました☆

08. アカネ

うわああこれは懐かしい!意外な選曲でした。生で聴くのは隼ツアー振り? というかCDでも最近あまり聴いてなかったのに、前奏の「ンッパパ♪ンッパ♪」っていう手拍子が自然と出てくるあたり、体に染みついてるな〜。

★ここでMC。
今回のツアーセットリスト候補を挙げる時まで、マサムネは「アカネ」の存在を忘れてたそうで、「15年くらい前の・・・ハヤブサの曲かな?」って言ってました。かな?って、そんなレベルなの!?(汗)
そしてこのMC中だったのか演奏中での事だったのか、途中から遅れて入場してきたお客さんを発見したマサムネ。
マ:「大丈夫ですか?どこに座ったか存じませんけど…」
テ:「存じてたら怖いよね」(会場笑)
それで、途中から来た方にも分かるように第1ブロックをダイジェストで…と、「みなと」から「コメット」までをマサムネがちょっとずつ歌ってくれました! 1曲1曲左手でアコギのコードを探るように、歌い出しだったりサビだったりを弾き語りで。これは嬉しいサービス(≧▽≦)
田:「「空も飛べるはず」が無かったね」
マ:「だから第1ブロック。(←すかさず)・・・思った以上に体力使ったな(笑)」
テ:「このあと入ってきた人居たらまたやんなくちゃいけないじゃん」(会場笑)

それから「夏にアルバムを出しまして…」と、アルバム「醒めない」の話題に。
マ:「このあと何曲か演奏しますんで、気に入って頂けたら単品でダウンロードしてもいいし、全体をツルッと聞いてもらってもいいし」
テ:「おすすめはねぇ全体をツルッと聞くこと!」
マ:「アラカルトでもお楽しみ頂けますがコースがおすすめとなっております」(会場笑)

また、スピッツ結成29年、来年は30周年ということで会場からは大きな拍手が。
マ:「テレビにも出たしね。歌い出しをトチッたかのような演出で(笑)」(会場笑)(←Mステ「みなと」の一幕ですね^^;)
テ:「あれドッキリだからね!?俺が一番ドッキリした。(会場笑)サングラス動いたからね!」(←くまだまさしのサングラス動かすネタの手振り笑)
マ:「スピッツ、もうテレビ卒業してもいいかも。(会場:えーーー!)でもきのうのMステ10時間特番見てたんだけどタモさんずっと出てたね。タモさんがまだ卒業してないのに俺らが卒業したいなんておこがましいか…」
テ:「歌わずにステージの端の方で4人見切れて立ってるってのは?」
マ:「それ意味あんの?」
テ:「えっ、意味? …意味はあるでしょう!」
マ:「卒業しようとしなくてもお呼びが掛からなくなるかもね、こんな歌い出しミスるようなバンドは」(会場笑)

それからテレビ繋がりの話で、EXILEから古株3人が抜ける時のドキュメンタリーを以前見てグッと来たというマサムネ。
テ:「マサムネEXILE意外と好きだもんね。ひとりでこうやってるし」(←ひとりでChoo Choo TRAINのぐるぐる〜を再現笑)
マ:「チューチュートレインズじゃなくて…元々はZOO? スピッツにも5人くらい新しい若い子入れたらいいかもね」
テ:「何すんの?」
マ:「歌ったり踊ったり」
テ:「(笑)30年かけて仲良くなったのにここで…? 俺らヘビメタ出身だからね?ヘビメタバンドはギターがボーカルを肩車してギターソロするやつとかあるじゃん。俺らは無理だけどね!」(会場笑)
マ:「じゃあ担ぐ人が加入したらどう? マッチョな相撲取りみたいな、担ぐためだけのオーディションで」(会場笑)
テ:「田村を担ぐ人は動くから大変だね!」(会場笑)
マ:「・・・想像楽しい(笑)。こんな妄想にお付き合い頂きありがとうございます」
田:「毎回思うけどこのMCブロックで緊張感無くなって…。(客席に向かって)次行く時盛り上がれる?(笑)俺らは盛り上がるけど、みんなはMCにつられないでね?」(会場笑)

09. グリーン

ひとたび演奏が始まればさっきまでのぐだぐだモードが一変!(笑)かっこよくキマってました。

10. 子グマ!子グマ!

テツヤのギターソロからスタート!高音のハモリはクージー、低音のハモリは崎ちゃん。中盤の曲調変わるところでは観客が一斉に拳を突き上げて、既にノリ方が出来上がってる感じでした。

11. 放浪カモメはどこまでも

さっきの「ビギナー」とは逆で、間奏のキーボードソロ部分がこの日はテツヤのギターソロになってました。かっこいい!

12. ヒビスクス

今回のツアーで一番楽しみにしてた曲!やってくれて良かった〜!(≧▽≦) ステージ後ろのパネルには終始赤と青の流星(というか短い光線)が絶え間なく斜めに降ってる映像が流れ、照明は真っ赤(時々青)。想像と全然違うライティングに戸惑いましたが、これはこれでかっこよかったです。

★ここでMC。
今回のツアーパンフやアー写の撮影のためハワイに行ったという話題。マサムネとしては生まれて初めてのハワイだったそうです。
マ:「(写真が)あんまりハワイ感ないけど…」
テ:「俺らが短パンでハワイハワイしてても嫌でしょ?」(会場笑)
マ:「次やろう!」
テ:「修正するよ?」
マ:「黒く塗って?ボディビルみたいに」
テ:「コミットで!」
で、ハワイ行ったからMCのネタになるぞと思ったけど、ハワイっぽい思い出をこれといって思い出せないというマサムネ。
マ:「印象に残ってるのは、中華屋に高倉健さんの写真があって、その写真を撮ったこと」
テ:「ハワイ関係ないじゃん!」(会場笑)
そして、このへんで眠くなる曲を…と言って次の曲へ。

13. モニャモニャ

前段のMCタイム中、テツヤの所にスッと椅子が用意され、12弦ギター?(双眼鏡で見てもよく分からなかったけどとにかくペグがたくさん付いてました)を座って弾くテツヤ。 マサムネが珍しくAメロの途中で声がひっくり返る瞬間があり心配しましたが、本当にその一瞬だけであとは全くもって問題無しでした。

14. 夢じゃない

実はこの曲だけ直前にネタバレ踏んじゃってたんですが(汗)、久々に聴けて良かったです。これも生で聴くのはいつ振りだ!?

15. 楓

前曲の拍手が止み、静寂を待ってから始まるクージーのピアノ。 そして終盤はマサムネの歌とアコギだけになるアレンジ。この瞬間の照明が毎回神々しくて、耳も目も釘付けに。

その後、マサムネの観客あおりタイム。 本日2回目の「任せろ!」で次の曲へ。

16. 醒めない

ここで来ました「醒めない」! 真っ黒でツヤツヤしたクワガタみたいな形のエレキ(←ギブソンのSGというらしい。序盤も何かの曲で使ってました)を軽快に弾くマサムネ。 トランペット隊は居ないので脳内再生しながら楽しみました。こんな夢のような時間、まだまだ醒めたくない!

17. スパイダー

マサムネが大きめのアコギに持ち替えて、軽快なストロークでスタート。このイントロは何度聴いてもワクワクします(≧▽≦) 1階席の盛り上がりに負けず2階席もワイパー全開!

18. けもの道

田村君にスポットライトがあたり、音を歪ませながらアドリブ三昧! その後しゃがんでエフェクターをいじってさらに音を歪ませて増幅させて場内拍手→それをピタッと止めてイントロスタート。今回もかっこよかった〜!歌い出しはもちろん「名古屋の日の出」です♪

19. トンガリ'95

畳み掛けるように連続演奏!「君は今誰よりも」のところでマサムネが指差した方向がたまたま2階中央の私達が居るあたりだったのでテンションUP!!もちろん偶然でしょうけど、これはドキッとしますね。 さらにラスト、ピタッと演奏をシメたあとに崎ちゃんのドラムソロがありました。これはシビれた!!

20. 8823

最高潮のアゲ曲!なのに今回後ろのパネルがあまりスピード感の無いパターン映像だったので、なんだか逆に新鮮でした☆
ステージ左右の照明の足場が脇花道を通せんぼするようにせり出してたので、これじゃ田村君花道まで来れないじゃん…と思ってたら、なんの躊躇もなくヒョイッと乗り越えて脇まで来てくれました! そのあと反対側(向かって右側)の花道にも行き、最後そのままベースを置いて手ぶらで持ち場に戻ってました(笑)。

21. こんにちは

本編締め括りはやはりコレ。元々短い曲だけどライブで聴いたらもっと短く感じて、あっという間に終わってしまいました。まだまだ聴きたい!(>_<)

アンコールではマサムネ&テツヤが紺のSMNロゴTシャツ、田村君が白の醒めないTシャツ、崎ちゃんがモニャモニャのジャケ写Tシャツ(だったかな?)で登場。

e1. 魔法のコトバ

定期的にやってくれてるような…? キラキラしたイントロに、もう10年前の曲なのか〜としみじみ思いながら聴いちゃいました。

★ここでメンバー紹介。
本編中ずっとクージーのキーボードの上に"子モニャ"のぬいぐるみが置かれていたんですが、それを田村君がおもむろに手にして…。
田:「田村です。…(高い声で)モニャモニャですっ」(会場笑)
予想外の腹話術にウケました。そのあとなぜかえなりかずき風の声で腹話術を続けて、すかさずマサムネに「人格変わった?」と突っ込まれてました☆
で、この"子モニャ"は、アルバムジャケ写の裏表紙にあるモニャモニャの子供時代とのこと。
マ:「っていう設定だけどどう解釈してもらってもいいです(笑)。ロックは自由なので。」
田:「テツヤが子モニャやった時はキャッチボールしてたよね。客席に投げたらちゃんと戻ってきたんだよ。(客:投げてー!)投げるわけないじゃ〜ん!」
↑子モニャをよりいっそうギュッと抱きしめる田村君(笑)。そのあと子モニャを肩に乗せたり、床に這わせたり、マイクスタンドをよじ登らせたり、色々やってました。
田:「この子が居るとこのコーナー楽だわ〜」(会場笑)
また、この日は白地の醒めないTシャツに着替えた田村君でしたが、前にピンクのジャケ写Tシャツに着替えた日に水色のベースと子モニャ持ってたら「サンリオか?」とマサムネに突っ込まれたとか(笑)。
マ:「いやサンリオをディスってるわけじゃなくて、ファンシーだったから…」
田:「そこは俺らの世代的には「キキララか?」でしょう」
マ:「それ田村が触りまくってるからそろそろファブリーズしたほうがいいんじゃない?」
田:「最近ねぇ、ちょっと毛が抜けてきてる…(笑)」
その後シメの挨拶をしてソデに引っ込む時も、低くかがんで子モニャをトコトコトコ…と歩かせながら去る田村君が可愛かったです(笑)。

続いてクージー。↑田村君は客席から見えない角度でもちゃんと最後まで子モニャを歩かせてたとのこと(笑)。
ク:「今度ハワイに子モニャ持ってって、ヘビメタバンドが全裸でギターだけで隠してるみたいな感じで、全裸に子モニャってのはどう?」(会場笑)
(ここでマサムネが何か言ったんですが聞き取れず汗)
ク:「君(マサムネ)なら大丈夫!…今日(MCが)だいぶリラックスしてたね」
マ:「10本目くらいが一番…。これ言うと初めと終わり頃に来た人には悪いけど、経験上今日明日あたりでひとつのピークを迎えると思う。特に今日はお客さん熱くて!」(会場拍手)

続いて崎ちゃん。お決まりのシンバルごっつーん!のあと「えっとですね〜」で話し始めるのが毎回癒しです(^^)
崎:「「HOPE」終わっちゃったね。出演してたジャニーズWESTの桐山君にテレビで会った時に「ドラマ見てます」って挨拶してね。○○君にも会って(←すみません聞き取れず汗)、そしたら「頑張って下さい」って言われた」(会場笑)
マ:「若い子は遠慮して声掛けてくれないから、こっちから声掛けたほうがいいのかもね。ナオトインティライミは向こうから声掛けてくるけど」(会場笑)
崎:「三代目J Soul Brothersに会った時もね。黒いツルツルの靴を履いて踊ってて「すごいな」って。(会場笑)プロだから踊れて普通なんだろうけど(笑)。歌う前のCM中に気合い入れで「ンーーッ!ンーーッ!」ってやってて。(←自分の胸を叩くジェスチャー笑)…徐々に取り入れたいですね。いきなりやったら怪我するからね」(会場笑)

お次はテツヤ。崎ちゃんのMCを受けて、「崎ちゃんは昔黒いとんがった靴を履いて踊ってたからね〜」と、不良がいかつく歩いてるみたいに肩と腕をユラユラ。
テ:「あとひとついい?崎ちゃんは子モニャでは隠れません!」(会場爆笑)
↑コレ、なかなかの破壊力で今日イチうけてました(笑)。
話題は変わって台風ネタ。以前大型台風が関東に来てる時にたまたまメンバーが事務所に集まる機会があったらしく…。
テ:「帰りに俺と田村がビニ傘開いたらその瞬間壊れて、その後ろからマサムネがニヤニヤしながら"絶対に壊れない傘"を開いてたね」
マ:「通販でやっててどうしても欲しくなって。やっと試せる!って(笑)」
テ:「(客席に向かって)今日台風でここに来るまで大変だったと思うよ。濡れたでしょ? Tシャツ買いな!(会場拍手)いざとなったらズボンにもなるから。ボーカル草野マサムネ!」
テツヤが珍しく物販宣伝したと思ったら、どういうこと?という説明を挟んで(笑)マサムネにバトンタッチ。

マサムネは開口一番「本番前におしっこ行ってくるの忘れた!」と、1曲目の最中に思い出しながら演奏していたことを暴露(笑)。
マ:「でも意外と持つもんですね(笑)。意識を膀胱からお客さんに集中して…」(会場笑)
前にも「冷蔵庫にブロッコリー入れたままだったけどあれまだ食べれるかな?」とか思いながら歌ったりしたことがあったそう。
マ:「今日は膀胱からもブロッコリーからも解放された夜でした」(会場笑)

e2. ナサケモノ

もうちょこっと聴いてもらおうと思いますというマサムネの挨拶で、このイントロの効果音が。これも好きな曲だから聴けて良かった♪

e3. 野生のポルカ

最後の最後はコレでした!"武蔵野の空"のところ、今回は尾張ではなく「熱田の空」と歌ってるように聴こえました。ここ熱田区だし、そういえば熱田神宮がどうのこうの〜というMCもあったような…(うろ覚え)。
曲の終盤はマサムネがマイク周辺を歩き回りつつ、アコギをかき鳴らしながらシュッとピックを投げ捨てては弾き、またシュッと投げ捨てては弾き…していて、そのさりげない手の動きがなんかかっこよかったです。

すべて終わって、大拍手の中ピック投げ&スティック投げをしながらメンバー退場。ありがとうございました〜!と生声で言いながら退場するマサムネが、最後口に手を当ててそのあと万歳するように両手を広げてたので、遠目から見たら大きく投げキッスしてるみたいで周囲からは歓声が上がってました☆
あと、どこかのタイミングで「今日見たお客さんは長生きすると思います」っていうマサムネのMCもありました。まだまだスピッツからは醒めそうにないので、これからもぜひ長生きしてライブに通い続けようと思います。まずは明日!(笑)
つづく…。

Very very special thanks to みかづきママさん♪

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system