スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ ライブレポート

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"
2017/07/01 静岡エコパアリーナ

※曲名MCすべてネタバレしてますのでご注意下さい※

スピッツ結成30周年の記念すべきツアー、その初日が静岡ということで、これは行かなきゃ!とチケット先行を申し込んだのが3月。めでたく当選したので当日は張り切って行って参りました! …実際は予定してた電車に乗り遅れて朝からバタバタでしたが(汗)、11時頃なんとか無事エコパアリーナに到着。スピッツにとっても自分にとっても初めましての会場です。外のメイン通路に街灯が並んでいて、そのひとつひとつにスピッツのアー写とともに「/ス\2017.7.1開幕 SHIZUOKA ECOPA ARENA」と書かれた旗が風で翻っていて思わずパチリ。
早速ジェン吉さん&たむたむさんと合流し、ここからはグッズ列とガチャガチャ列に分かれて先行販売時間までひたすら待機! この日は雨かと思ってたのに晴れてて、とにかく暑かったです。風があったのでまだマシでしたが、かなり日焼けした…(>_<)
(↑あまりの強風に可動式のフェンスが何度も倒れたり、テントが立てられないからと言ってファンクラブブースが急遽屋内に移動になったり、スタッフさん達が慌ただしく動いていました。)
ちなみに会場でシングルコレクションBOXを買うと(※この日はまだ発売前なので予約すると)メンバー直筆のサイン色紙がもらえるという企画があって、この日のマサムネイラストはちびまる子ちゃんのキャラのようでした。(名古屋が最近鳥山明シリーズなのに対して静岡はさくらももこシリーズ?)
そんなこんなで14時過ぎ、やっと列が動いてグッズ購入&みんなでガチャガチャを何度かチャレンジ。あちこちで知らない人同士交換会が繰り広げられていました☆
ようやく日差しもやわらいで、あとから合流したみかづきママさんに買ってきて頂いたおにぎりetcで腹ごしらえし、そろそろ開場時間…という頃にグッズTに着替えて、いざ入場!

この日の席はベルゲン先行で取ったアリーナ18列目。30周年だからって特別に花道があったりするわけでもなく、至ってシンプルな客席レイアウト。ステージ上の配置ももちろんいつも通り。LEDビジョンっぽいものはあるようだけど、それ以外に目立ったセットは無い模様。
さて、開演時間が近づき、いつものようにイベンターが演奏中の注意事項をアナウンス・・・と思ったら、この日は男性のスタッフさんの声で「スピッツがメジャーデビューしてから、静岡で行われたライブは20回。今日は21回目で、静岡では初のアリーナ公演です。スタッフ一同頑張りますので、今日は皆さん楽しみましょう」みたいな感じの事を言って、ここでわたくし早くも泣きそうになってしまいました。30周年だからなのか、メンバーの地元静岡だからこそなのか、とにかくグッと来た!(>_<)
そして流れて来たのは、醒めないツアーの時と同じ「SUGINAMI MELODY」をアレンジしたあのSE!(嬉) 暗闇のなか何本ものスポットライトが交差して、その中をメンバーが登場して場内大歓声!

この日のセットリストはこちら。

01. 醒めない
02. 8823
03. 涙がキラリ☆
04. ヒバリのこころ
05. ヘビーメロウ
06. スカーレット
07. 君が思い出になる前に
08. チェリー
09. スターゲイザー
10. 惑星のかけら
11. メモリーズ・カスタム
12. エスカルゴ
13. ロビンソン
14. 猫になりたい
15. 楓
16. 夜を駆ける
17. 日なたの窓に憧れて
18. 正夢
19. 運命の人
20. 恋する凡人
21. けもの道
22. 俺のすべて
23. 1987→
e1. SJ
e2. 春の歌

この日のメンバーの服装は、
マサムネ→黒地に花火っぽい柄のシャツ
テツヤ→赤と黒のよく分からない模様の入ったベスト(二の腕がたくましかった!)
田村君→半袖の黒いサマージャケット(っていうの?)の中に、1987→とプリントされたオリジナル白Tシャツ
崎ちゃん→黒っぽいトップス+ベスト?
でした。ボトムス&靴はよく見えなかったので略。

今回は曲のブロックごとにまとめます。毎度のごとく私の記憶フィルターを通したレポですので、MCの細かい言い回し・話の流れが違うところもあるかと思いますが何卒ご容赦を〜!m(_ _)m

01. 醒めない

02. 8823

03. 涙がキラリ☆

04. ヒバリのこころ

30周年ツアーの気になる1曲目は「醒めない」でした。これは早くもテンション上がる!と思ったらお次は早くも「8823」!
客席をぐるりと見渡すと、のっけからグッズのフラッシュピンズを付けてるお客さんがわりと多く、これがまたバリーナの時のフラッシュピンズよりも派手な光り方で、ピカピカチカチカとても賑やかでした。(←そういう自分も付けて楽しみました☆)
対するステージ上には大小いくつかのLEDビジョンが、手前だったり奥だったり、少し右を向いていたり左を向いていたり…とランダムに配置されていて、それぞれがメンバーひとりひとりを映していたり、複数のビジョンの組み合わせでひとりの表情を映していたり…というセットになっていました。 メンバーの表情を見るためのスクリーンと考えるとちょっと見づらかったけど(←大写しだと顔がピカソみたいになるので笑)、映像演出としては面白い!

★ここで最初のMC。(だったような…?)
「土曜の貴重な時間をスピッツのために割いてくれてありがとう」というマサムネの挨拶で場内大拍手。 昨日リハで来た時は雲っていたけど今日は晴れていて、改めて景色がいいね!と絶賛してました。(←逆に言えば周りに何も無いというか、ほんとに緑の中にドーンとスタジアムとアリーナがある感じでした)
マ:「昔みんなで行ったスコットランドみたいだね」
テ:「言うね〜!」
スミマセンこのへんもっとマサテツの掛け合いがあった気がするんですが早くもうろ覚え…(汗)。 マサムネの「楽しい夜にするからさ!」という頼もしいセリフで、次のブロックへ。

05. ヘビーメロウ

06. スカーレット

07. 君が思い出になる前に

「ヘビーメロウ」では、LEDビジョンにPVの線画アニメーションがちょこちょこ映し出されていました。
「スカーレット」は本編で聴くのは久々のような…? 改めて、名曲!

★ここでMC。
「君が思い出になる前に」の歌詞について…。
マ:「君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて、って自己中じゃね?(会場笑) もう別れるんだから最後くらい笑えよって、そういう意味にもとれるなーって。嫌な男だなーって思いながら歌ってしまいました(笑)。 20代に作った歌だから、もう細胞全部入れ替わってるから別の人間が作った歌みたいなもんだよね」(会場笑)
…と、珍しく歌詞の内容に触れるマサムネでした。特に↑のセリフの中の"最後くらい笑えよ"って言い方が、低いトーンでぶっきらぼうでかっこよかった!(≧▽≦)

そして(この下りだったかな?)、「スピッツは四捨五入すると静岡のバンド」と言うマサムネに会場拍手!
テ:「でも福岡行くと福岡のバンドって言われるよね」(会場笑)
マ:「テツヤと田村が静岡出身で。幼馴染だから昔の恥ずかしい話とかたくさんあるんでしょ?田村は昔"たんこぶ"ってあだ名だったんだよね?」
テ:「それは言わない約束じゃ〜ん!?」(会場笑)
田:「今日来てる俺の友達以外は呼ぶなよ?呼んだら俺ステージから降りるからね?」(会場笑)
一方マサムネは、小学校の頃「サッチ」と呼ばれてたそうです。それで横から田村君が「Suchmosみたいでかっこいいじゃん」と挟むも、スルーして喋り続けるマサムネ。造形コンビのこういうところが大好きです(笑)。
マ:「草野だからクサッチで、クサッチサッチ♪クサッチサッチ♪…でサッチになったんだけど、今呼ばれるとなんか残念な気持ちになるね(笑)。でも呼んでいいですよ?」
客:「「「サッチ―!」」」
マ:「イエイ!」
田:「・・・じゃあ俺も呼んでいいよ?」(←しぶしぶ)
客:「「「たんこぶー!」」」
田:「微妙〜!(笑)」(会場笑)
ちなみに崎ちゃんは栃木出身だから「トッチー」って呼ばれてて、北海道出身のお友達は「ホッカイ」って呼ばれてたそうです。でも「この話もうよくない?(笑)」というテツヤの一言であだ名トーク終了(汗)。テツヤが何て呼ばれてたのか気になる〜!

08. チェリー

09. スターゲイザー

10. 惑星のかけら

11. メモリーズ・カスタム

12. エスカルゴ

「惑星のかけら」はめちゃくちゃ久しぶり!崎ちゃんの痺れるドラムアレンジで始まるイントロで、一瞬「オケラ」かと思ってしまったけど、コレでした。これがシングルだったんだよなー…と感慨深く聴き入りつつ。間奏のマサテツのエレキに痺れた!
「エスカルゴ」も最近ちょくちょくやってくれて嬉しい♪

★ここでMC。
やっと緊張がほぐれてきた…と、両腕をタコのようにぶらぶら揺らすマサムネ。
マ:「30年もやってたら緊張しなくなるかと思ったけど、やっぱり緊張しますね」
テ:「緊張するよ〜!サングラスの奥は白目になってるから」(会場笑)
ここでマサムネの、このトシになって最近嬉しかったことトーク。
マ:「ズボンを…パンツをね(←言い直し)、買いに行ったんだけど。アンクルパンツっていう、くるぶし丈の。そしたらご試着されますか?って店員さんに言われて。もしこれでくるぶし出なかったらどうしようって不安だったんだけど、履いてみたら…出たんだよ!!」(←すごく嬉しそう)(会場拍手)
テ:「俺イマイチ話について行けてないんだけど、脚が長いってこと?」
マ:「…と思いたい。くるぶしが出るくらいには標準的な長さだったと。そういえば昔メンバーでお揃いの衣装作る時に"股下計りまーす"って、あれは嫌だったな〜。計るのかよ…って(笑)」
テ:「みんな身長同じなのにそこで差が出たら嫌だよね(笑)。大丈夫!(ステージでは)下から見ると長く見えるから。マジック!」(会場笑)

13. ロビンソン

14. 猫になりたい

15. 楓

16. 夜を駆ける

17. 日なたの窓に憧れて

18. 正夢

ここは聴き入る曲のオンパレードなブロックでした。「日なたの窓〜」は久しぶり!?そういえばこれもシングルでしたね。
「正夢」でつい目をつむって揺れながら聴き入っていたら、いつのまにか天井からピンク色の紙吹雪がふぁーーーっと舞い降りてきててビックリ。

★ここでメンバー紹介。
まずは田村君から。
田:「今日はすっごく楽しいです!!やっとみんなの前でやれるのが嬉しくて。だってリハつまんないんだもん!」(会場笑)
(↑子供か!と思わずツッコミ入れたくなる可愛さでした笑)
田:「やっぱりみんなに見てもらわないと。お客さん入れてリハやったら楽しいよね。ここは高そうだけど…」
マ:「お金取るの?えっ ここ(エコパ)で?…君は何を言っているんだ」(会場笑)
で、30年前の夏に結成したスピッツですが、その前の年の夏に"フェスタしずおか"というイベントで警備員のバイトやったことがあるという田村君。しかし田村君が思ってたほど会場のリアクションが返ってこなかったようで…。
田:「静岡と言えばフェスタしずおかのネタで盛り上がってたのに、静岡県民冷たい…」(会場笑)
マ:「今日さわやかでハンバーグ食べたって話をすればよかったんじゃない?」
田:「でも俺が静岡居た頃は行ったこと無かったし。朝ラー文化も無かったし」
ここで田村君、以前つま恋でライブした時にテツヤのMCがダダ滑りした事を引き合いに出し…。
田:「下ネタ言ったらますますドン引きされて、その後の演奏にも影響出たよね(笑)。俺はMCで盛り上がらなくても影響無いから!」(会場笑)

続いてクージー。
ク:「田村君、なんか物足りないなーって思ったら、子モニャだ!醒めないツアーの時に"子モニャ"のぬいぐるみをね」
マ:「腹話術みたいにやってたんだよね。今度田村とそっくりの人形作ったら?いっこく堂みたいに」(会場笑)
また、ステージサイド席が意外とよく見えるという話題。クージーはいつぞやのくるりのライブをステージサイド席から見たことがあるそうで…。
ク:「ステージ上のやり取りとか見えてお得な席ですよね」
マ:「ボーカルの人、後頭部が出てるなー、とか?」(会場笑)
↑ちなみにエコパのステージサイド席はほんとにステージギリギリ横で、しかもステージ一段降りたところに用意された道がステージサイド席に近づくにつれて傾斜がつけてあって、田村君やマサムネが端まで歩くと本当に目の前って感じでかなりうらやまな光景でした。

お次は崎ちゃん。
恒例のシンバルごっつーん!のあと、ステージサイド席の話を受けて、崎ちゃんも今日は水飲んだり汗ふいたりする間ステージサイド席からの視線を意識してたとのこと(笑)。
そして話はスピッツ結成当時の事になり…。
崎:「30年前の夏に、文化服装学院っていう学校の夏祭りで演奏したのが最初だったんだけど。俺10バンド中5バンド助っ人で出てて」(会場:おお〜)
マ:「昔別のドラムの奴が居たんだけど、俺と田村とテツヤがあまりにマジだったから、ついて来なくなっちゃったんだよね」
崎:「"タチーチー"っていうドラムテクニックがあるんだけど、そいつが「どうやってやるの?」って聞きに来て、教えたことあるよ」
ここでそのテクを実演してくれる崎ちゃん。
崎:「で、5バンド出ずっぱりだったけど、スピッツが一番トッチーに合ってたよって言われて、その時からもう助っ人って意識は無かったね」(会場拍手)
↑ここ、ちょっと感動してしまいました。そして「これからの30年も頑張りたい」という崎ちゃんの頼もしいセリフでシメ。

そしてテツヤ。
初めてスピッツを見に来たお客さんに向けて、スピッツのMCは盛り上げるわけでもなく、コールアンドレスポンスも無いからね?と断り(笑)。
テ:「小さいおじさん達がダラダラ喋ってるだけだから」
マ:「そう、トイレ休憩も兼ねてるんですよ。最初に言えばよかったね(笑)」
そしてここでもバンド結成当時の話へ。
テ:「昔マサムネの運転する車で正月田村んち行ったことあるよね。大晦日レコード大賞でBUCK-TICKが新人賞取って「おおー!」てなったの覚えてる。 BUCK-TICKは今も現役だし、長いバンドいっぱい居るよね。エレカシもミスチルもフラカンも…」
マ:「コレクターズもね」
テ:「俺ら以外にも長く続けてるいいバンドいっぱい居るから、みんな聴いてね?」
自分達の30周年ライブで他のバンドを推すテツヤ、素晴らしい!ここでもちょっと感動してしまいました。

ラスト、マサムネ。
この流れじゃなかったかもしれませんが、このトシになって…的なネタをもうひとつ。
マ:「友達と飲んでる時に「織田裕二はあの年でステージの端から端まで走っててスゲーよな〜!」って言ったら友達がすごい怪訝そうな顔で聞いてて。自分ではずっと小田和正って言ってるつもりだったんだけど。(会場笑)まだ実際にお会いしたことないから敬称略で」
↑自分ではちゃんと言ってるつもりで言い間違えてるの、加齢あるあるですね(汗)。そんな年になっても現役で頑張ってる先輩がいっぱい居るから自分達も頑張らないと、っていう話だったんだっけ…?(うろ覚え)
マ:「みなさん足腰大丈夫ですか? 紙吹雪が舞ってもう終わりみたいな感じですが(笑)。俺はまだ大丈夫!」(←その場で屈伸運動するマサムネ)
マ:「まだまだ盛り上がってくれますか?」(会場拍手)

19. 運命の人

20. 恋する凡人

21. けもの道

22. 俺のすべて

23. 1987→

シングル多めのセットリストだから期待してたけど、さすがに「運命の人」はもうシングルバージョンの演奏には戻らないか…。でもこうして当たり前のようにやってくれるようになっただけでも嬉しい♪
「俺のすべて」では最後に崎ちゃんのドラムソロがありました。
そして本編ラストは「1987→」の初披露!これはアガる!!田村君がいつのまにかジャケットを脱いでいて、胸元に「1987→」と書かれた白Tシャツ一枚になっていました。LEDビジョンには楽しげなメンバーの表情と、1と9と8と7の数字がチカチカ映って賑やか♪ でも肝心のマサムネが「不思議な歌を作りたい」の歌詞をトチってました。惜しい!(笑)

〜アンコール〜
マサムネ→グッズのロビンソンTシャツ、テツヤ→ビッグTシャツ、田村君→引き続き1987→のTシャツ、崎ちゃん→スターゲイザーTシャツで登場。
登場するや否やマサムネ、「1987→」の間違えたところを弾き語りで歌い直してくれました☆

e1. SJ

e2. 春の歌

「醒めないツアーでやってなかった曲を」と言って始まったのは「SJ」!これは嬉しい驚きでした。そして締め括りは「春の歌」。こちらはイントロがいつもより長いバージョンでした。

そして印象的だったのが、マサムネのシメのMC。(←「SJ」の前だったか「春の歌」の前だったか、もしかしたら「1987→」の前だったかも?)
マ:「俺らよりかっこいいバンドいっぱい居たのに、なぜか俺らが生き残ってしまって。30周年ですけど、まだまだ通過点だと思っているので…。ここを通過するって意味じゃなくてね(笑)。ここのぞみ止まらないからね」
テ:「今のでオチたな!」(会場笑)
マ:「ここは通過せずまた来れるようにしたいです(笑)。この先お客さんが5人くらいになっても続けていきますんで。5人っていうのは、ステージ上の人数より少なくなったら寂しいので…。(会場笑)これからもオモロイ曲、不思議な曲を作っていきますので期待しててください!」
…こんな感じの言葉で、会場からは大きな拍手が。
これからも当たり前のようにバンドを続けていってくれること、それをちゃんと言葉にしてくれること。改めて、ありがたく、頼もしく感じた夜でした。

今回は結成30周年ツアーということと、シングルコレクションのリリースもあって、予想通りシングル多めのセットリスト。 「スターゲイザー」でマサムネがアコギソロの所をちょっとトチリかけてたり、テツヤと田村君も何回か弾き間違える瞬間があって、初日ならではの緊張感(!?)が伝わってくるライブでした。30年経ってこの初々しさ!(いい意味で。) そういえばどこかのMCで「お客さんまで緊張させてしまってごめんね」ってマサムネも言ってたような…? でもとにかくメンバーみんなホント楽しそうで、一緒になって楽しんでたらあっという間に2時間半経っちゃいました。たっぷり25曲もやってくれたけど、まだまだ聴きたい!短すぎるよー!(>_<)
終演後は余韻に浸りながら愛野駅までぞろぞろ歩いて帰り、バタバタと電車に乗り込んで、0時過ぎにようやく帰宅。心地よい疲労に包まれた、大満足の一日でした。
でもこんなので疲れてはいられない!もっと体力つけて、次の30年も変わらず追いかけていくぞ!まずはお次の名古屋だー!(笑)
つづく…。

Very very special thanks to みかづきママさん&ジェン吉さん&たむたむさん♪

<追記>
↑訂正ですが、メンバー紹介は「夜を駆ける」の後でした! 田村君がMCを始めるまでしばらく間があり、「今、夜を駆けていたんだよ…」と言ってたのを思い出しました。でもマサムネが「紙吹雪が〜」と言ったのは間違いなく「正夢」の後なので、その次のMCと見事に混ざってますねスミマセン…。書き直すのもややこしいのでそのままにしておきますm(_ _)m 他にも思い出したことがあれば追記していきます。

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system