スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ メディアレポート

「矢野雑貨店」
2007/10/13 FM AICHI

DJ:矢野きよ実
ゲスト:マサムネ&テツヤ

前編からの続きです。)

D:矢野雑貨店今日のゲストは!
マ:え〜スピッツ草野マサムネと、
テ:え〜ギターの三輪です。ハイ〜。
マ:ハイ〜。
D:イェ〜〜〜。(拍手)…この空気は大丈夫でしょうか?
マ:大丈夫っすよ〜!?
D:イケてる?
マ:イけてます!…雑貨店!
D:はい。雑貨店好きでしょ?
マ:雑貨店好きっスねぇ〜。あとなんか…あの古道具とか置いてる店とか。
D:あ〜!
マ:買わないんだけど。あんまり。
D:入ってっちゃう?
マ:入ってってねぇ…。
D:大きい物見る人?ちいちゃな石とか見る人?
マ:あっ、ちっちゃい物結構見ますね。それで…あの〜なっ、なんでこれ…か、買ってんの?って物買ったり…しますしね。
D:あぁ〜。ねぇ!なんかそこに吸い寄せられるみたいな。
マ:そう…。なんかあのちっちゃくてねぇあの、「これ何だぁ?」っていうようなあの、マスコットみたいなのとかね、好き。今日もね、このFM AICHIのね、マスコットにちょっと夢中になっちゃってて(笑)。
D:そうなんだよ〜デザインとか、だって…するんだよね?
マ:あ、学校はそうです。デザインの学校です。
D:ギターとかもねぇ?今ねぇ。
マ:あぁ〜、はい。
D:20周年の限定とか今いろんな事やってらっしゃる…。
マ:あれはまぁ、ハイ。お任せでしたけど。ほとんど。
D:矢野が思ったのはまぁ「砂漠の花」さっき掛かりましたけど、草野マサムネという人はですねぇ、こう、あの〜生きていくという…事にですね、………(笑)ちょっと待った!ものすごい人が真剣な話しとんのにさぁ。
マ:(笑)。
D:アンタんとこの人さぁ(笑)、あの〜なんか持ってきましたけど!
マ:はい(笑)、これ。
D:今あのマスコットを持ってきました。
マ:チ、チルナくん。
D:はい。
マ:かわいいな〜これ。
D:かわいい?
マ:うん。
D:あの〜、タイプ…だよね?
マ:そうそう!ちょっとこのねぇ…表情がねぇ、いろんな…色々とれる顔っていうか。
D:あ〜。女子のタイプはどんな?
マ:女子ですか?…俺ねぇサバけた人。んははっ。
D:はぁ〜。…いいの?
マ:ん?
D:その〜ジメジメ〜っとしとらんでもいいですか?サバサバ〜っとしとれば?
マ:サバけて…チャリンコ立ち漕ぎするような子がいいですね。
D:はぁ〜。サバけてるし立ち漕ぎも出来るんですけどねぇ…。
マ:あははは。
D:お喋りは嫌いだろうなっていうふうに思いますけど。
マ:いやいやいや。あの、ベラな感じでもいいですよ?
D:大丈夫ですかねぇ。いや〜それみんなあの、たぶん自信持つ人が物凄いようけ名古屋にはおると思いますけどね。なかなか名古屋の人っていうのはね、サバけてるみたいに見えるんだけど、なかなかそれがあの〜出せなかったりとか。
マ:あぁ、実はナイーブな…。
D:強がりなんだけども臆病者みたいなところがねぇ…
マ:あ〜なるほどね。
D:あったりもするんですけどねぇ。三輪さんどんなのが女子のタイプ?
テ:えっ?俺?…女の子みたいな男の子。
マ:それ…(笑)。
D:ちょっと待ちゃちょっと待ちゃ…それは男の子みたいな女の子じゃなくて?
テ:あっ、間違えたぁ〜!
D:な…!え〜(笑)あの〜色々ね?私達の番組というのはですね、雑貨店なんです。
マ:雑貨店!うん。
D:ね?雑貨店というのはですね、さっきあの〜、マサムネさんは好きと言ってくれましたけど。
マ:うん。
D:あ、三輪さんは?お店屋さんに入るならどこに入る?どんな店に入る?アクセサリーショップ?
テ:いや俺も…
マ:結構雑貨好きじゃない?
テ:んあ?うん。雑貨好きだよ?あの〜俺もマサムネとおんなじようにね、ちっちゃくて良く出来た物が好き。
マ:(笑)。
D:いや、なんか植木鉢とか好きそうなんだわ。
テ:好きなんだよ、そういうの。あの〜買っても、でもねぇ世話出来ないの。
マ:う〜ん。たぶんね盆栽とかハマりそうなんだよね。
テ:世話がねぇ、出来ないんですよねぇ。
D:あ〜。いやっ私が言ってるのは植木鉢ばっか買ってそう。なんか。
マ:あっ、鉢をね?
D:なんか鉢が似合うわ。
テ:いや〜そうでもないけどねぇ。植木だったら植木のそのちっちゃな中に世界が…あるのを見てるのは、飽きないね。
マ:「マン盆栽」みたいなね。
テ:うん。
D:あ〜。本当はちょっとなんか…女性っぽかったりする?
マ:あぁ〜、それはあるかもしれないですね〜。
D:繊細だしねぇ?うん。
テ:う〜ん。じゃ、男の子っぽい女の子で。
マ:(笑)。
D:やっぱりそれに…あの〜当てはまってたね。うん。それ自分だったんだね、じゃあね。女性のタイプは自分なんだ。
テ:(笑)。
D:絶対!
マ:でもそれが男も女もあるって言いますけどね。
D:あぁ、そうかな〜?
マ:うん。あと、女の…
D:え、私絶対やだ!
マ:自分みたいな男の人?
D:うん!
マ:ウソ?
D:だってもしも…私は息子が居ますけど、娘だったらたぶんダメだったかもしんない…ってのがある(笑)。
マ:(笑)ほんとに?
D:おんなじのが出てきたら大変じゃない?
マ:あぁ〜ちょっと口論になるかもしんないな。
テ:でもおんなじのは出てくんじゃねぇの?
D:出てくるかな〜?
テ:それが親子っちゅうもんだよねぇ。それが永遠の命だってキャプテンハーロックが言ってたよ?
D:あ〜。出たよ、ほれ(笑)。
マ:息子はお母さんに似て、娘はお父さんに似るとかいうのは、よく聞く…聞くけどね。うん。
D:うん、そうですね。え〜…。でね!そう、雑貨店なんだわ!ね?
マ:はい、雑貨店。
D:雑貨店なのでぇ、え〜っとね役員にならなイカンもんでねぇ。
マ:役員ね!
テ:はい。
D:ちょっと考えといてまいたいなぁと思うんですけどねぇ。
マ:役職をね。
D:役職をねぇ。今何も付いてないですか?おふたり。
マ:今ねぇ、ちょっと考えてたのはねぇ、雑貨店ってぇ…なんか、猫とか鳥とか居ないんですか?…か、飼ってたりしないんですか?
D:あぁ〜。
テ:飼っててもいいら!
D:あのねぇカタツムリかそれか…ヤモリ!ウチにイモリがいるのね。私の家にはね。
マ:イモリ。うんうん。
D:イモリが4匹居て名前が付いてて。で、そんなことを話してたら中島みゆきさんがねぇ、ヤモリの飼育係って…
マ:どこ…?あ、ほんとに?
D:ヤモリのなんか…ヤモリのアネゴか。ヤモリはウチが飼ってるんですよ。
マ:あ、ほんとに?
D:で、私がイモリを飼ってる。たまに店にも連れてきますからね。雑貨店にはねぇ。だから…
マ:あぁ〜。じゃあイモリの水換え係とか(笑)。
D:え〜、それイモリ平気?
マ:平気!
D:あっ、虫系平気?
マ:虫、生き物系は。あの〜、刺さなければ平気です。
D:あの、何が好き?昆虫。
マ:あ、昆虫?昆虫カミキリムシ。(←即答)
D:カミキリが好き?ゴマダラ?
マ:キレイなのが多…ゴマダラとかシロスジとか色々キレイなのが多いのがいいっスよね。
D:あぁ〜。キレイですよね〜!6月ちょっとぐらいに出てくるもんね。私ハンミョウ!
マ:ハンミョウもキレイですよね〜。
D:半端じゃないですよ!
マ:うん。虹色ですよね。
D:はい、すごいキレイなんですけどね。タマムシとかはね、キレイ過ぎちゃう。
マ:あ〜タマムシは形がねぇ、ちょっと大人しいんですよね。
D:しゅる〜んっとしてる。
マ:かわいい感じ。
D:絶対昆虫とかあんま捕まえないでしょ?
テ:捕まえないっすね。
マ:でもこないだクワガタ捕まえてた。
D:えっ、ほんとに〜!?
マ:あの(笑)それこそあの〜アンガールズと一緒に、あの湖畔で…撮影した後に。
テ:ミヤマね!?ミヤマ見つけたんだよ。
マ:そうそう、山…山のエリアだったんで、ミヤマクワガタ捕まえて。
テ:ちっちゃかったけどね。
D:メス?
テ:オスオス。
D:オスで?へぇ〜。
マ:(笑)。
テ:久々に見たよね?
マ:うん。
D:うん。いや、ちゃんと毎年居ますよいっぱい。
テ:いや、小学生だったら鼻血出てるなアレ。
マ:鼻血出てるね。大興奮だよねぇ。
D:いやすごいなぁ〜。
テ:だいぶ出てるな。
D:ねぇ。小学生じゃなくても出ると思いますけど。
マ:(笑)。
D:あたし副店長なんですけど副店長はね、大好きなんですよ昆虫とかもう。
マ:あ、ほんとに〜!
D:たまんないぐらい大好きで!
マ:んん〜♪
D:そんでイモリもねぇ、もう凄いですよ。帰って近寄ると「おいで」っていうとみんな来るんですよ。
マ:あ、そうなんだ。頭いいんだね〜。
テ:それ、気のせいじゃない?(笑)
D:じゃあアンタ一回うちに来る〜!?
テ:はっはっは!
マ:ムキになった(笑)。
テ:すごいなぁ〜。
D:まぁイカンちょっと三輪テツヤ来る!?(笑)
テ:いや、いいですよ。俺ね爬虫類嫌いなんだよね。
D:いや、そうだけど〜。
マ:いやっ、イモリは両生類よ。
D:そう。両生類なんですよ。
テ:いや、なんかね。自分に似てるのは苦手だなぁ。
D:似てない!あっ…!
テ:あのさぁ後ろが赤いやつ?
マ:そうそう。お腹赤いやつ。
D:そうそう赤腹、赤腹。すっごいかわいいですよ?デブの子はブーチャンでね…
テ:小学校ん時飼ってた。
D:おっ?飼っとったんだがね!何言っとんの〜。
テ:俺ねぇ嫌いなったんだよね大人になったら。蛇とかも。昔はねぇ、あの〜蛇とか、口にくわえたりとかしても平気だったの。
マ:んっはっは。
テ:今はねぇ〜見るのもダメだね。
D:この人口に蛇をくわえたって(笑)…問題外のような気がするなぁ。なんか…いいな〜違うとこにちょっとまた…ねぇ!
マ:イモリ…イモリいいなぁ。
D:で、どうする?水換えやってくれんの?
マ:やりますよ?あの〜…
D:大変ですよ?
マ:え、大変なんスか?頑張ります!
テ:意外とマメだよ?
D:あ、ほんとぉ?
マ:うん。
D:一緒に運ぶけどぉ、水槽…***(聞き取れず)のど真ん中にドバ〜!って…
マ:あ、じゃあ肩書きねぇ、「飼育係見習い」で。
D:あ、ほんと?飼育係って居たかもしんないなぁ。
マ:じゃその人の見習いで(笑)。
D:え、行く!?じゃ飼育…違う。これくらいの…あれだよ?水槽で、それであの〜石を洗ったりとかするから。1個1個。
マ:あ〜頑張ります頑張ります。
D:やってくれる?
マ:うん。
D:じゃあ…いいっすねぇ!なんとスピッツの草野マサムネさんが、「飼育係見習い」!
マ:はい(笑)。
D:そいで何になった…何になるのかは三輪さん聞いてないから、エンディングで聞きます。
マ:はい。
D:え〜あの、考えとくように(笑)。
テ:俺?役職?
D:そうだよ?考えといて?ほいじゃ最後の曲。
マ:はい。これもあんま掛けてないの…いいっスか?
D:これがですね〜そう、なんと10月10日に出ている「さざなみCD」が…「漣」っていい字だね〜!
マ:そうなんです。
D:これは平仮名ですけど。
マ:今回知ったんですけども。
テ:知らなかったもん。俺もマサムネに教えてもらったもん。「れん」って読むの?みたいなね。
D:うんうん。ねぇ?いい字だよね〜。
マ:うん。
D:何にする?
マ:なんでもいいんだよね?はい、じゃあねぇ「トビウオ」っていう曲を…
D:おぉ〜!
マ:聴いて頂いて。
テ:「漣」じゃねえのかよ…。
D:(笑)。

♪ ネズミの進化

(↑「トビウオ」と紹介されたのに、なぜか流れたのは「ネズミの進化」でした。笑)

D:矢野雑貨店〜!そろそろもうねぇ、閉店の時間が近づいて…
マ:はい!おおおぉ…。
テ:うぃ〜!
D:1時間…はい、経ってしまいました。
マ:はい。
D:え〜まず今日はいかがだったでしょうか?
マ:いや今日面白かったですねぇ色々。
D:ほんと〜?
マ:なんか、こういう番組あんまない…。
テ:なんか深夜番組だと思ったよね。ノリが。
マ:ノリがね(笑)。
D:深夜じゃない、18時。まだ。
テ:ボソボソ〜って。
D:もうすぐ19時だもんでさぁ。
マ:うん。これからご飯…今ご飯?ご飯時のおうちも多いかもしれない。
D:そうですね、みんなね。食べよっかな〜っていう感じで。
テ:まぁゆるい感じで。
D:そうですね。あの〜また来てくれますかね?
マ:是非ぜひ!はい。
D:ほんと〜!?
テ:俺はいいんだけどねぇ〜。
D:うん。
マ:水槽の…?
D:うん。ちょっと待ちゃちょっと待ちゃあ(笑)そのさぁ、ほんとに1個ずつさぁ、あの〜三輪テツヤっていう人はねぇ(笑)。
マ:(笑)。
D:何かこう…ね?ちょっと、人に…困らせたりとかするのがお好きねっ。「俺はいいんだけどね〜」って言って。子供みたいだなぁ(笑)。
テ:いや、それ返される前に言うんだよね。
マ:あぁ〜。
テ:俺弱いもん、突っ込まれたら。
D:あぁ〜。あっ、そんな感じだよね。
テ:うん。
D:今度ちょっと置いてって下さい。(テツヤ)1人で。
マ:あぁ〜1人でね。
D:矢野が思いっきり突っ込んでいきたいなぁと…え〜思っておりますけど(笑)。
マ:(笑)。
テ:それ弱いよね。
D:ほいでさぁ、どうした?役員名は。
テ:俺?
D:うん。
テ:あ、俺ねぇ「フーテンの寅」。
D:(笑)。
マ:たまに来るの?(笑)
テ:うん。あの〜たまに…あんま来て欲しくない?みんなは。
マ:あぁ〜〜。
D:いや来て欲しいよ。
テ:でもたまに自分が帰っちゃうから。
マ:んあ〜。
D:あのね、それっぽい人が石田長生さんっていう人で居るんですけどね(笑)。あの〜…
マ:あぁ〜。
D:よ〜〜〜来る。うん。ほいで「ええ?」って言いながらですねぇ、どっかあの島に行った後にまた「ええ?ちょっと来て」って言いながらですね、来てくれんのが石田長生さんなんですけどね(笑)。
マ:ほぉ〜。
D:そう。あの、ほんとにいい?じゃ「フーテンの寅さん」でいい?
テ:寅さんでお願いします。
D:え、「フーテンのてっちゃん」とかじゃなくて?
テ:いや〜もうあの「男はつらいよ」大好きなんで。
D:よし、じゃあ「フーテンの寅さん」ね。
テ:はい。
D:はい、マドンナ誰がいいの?自分だったら。
テ:え〜、やっぱリリーさんが。
マ:(笑)。
D:分かりました(笑)。はい。さぁ、そいでえっと…もうマサムネさんもですね。ねぇ?
マ:はい。
D:え〜、見習い?
マ:ええ!
D:飼育係?
マ:飼育…いきものがかり。…ふはは。
D:見習いということでいろんな生き物をですねぇマサムネさんにね、お願いしますよ?知らんよ〜?なんかイベントとかやっとって、よ〜〜けな動物とか色々世話しなイカンかったりとか、ね!
マ:あぁ〜。もう、噛まれないように頑張ります。
D:はい、お願いします。さぁ!そしてですよ。なんと!今日のゲストのねぇ、スピッツのおふたりがなんとプレゼントを持ってきてくれました!これは…リストバンドですね?
マ:20周年の。
テ:はい!
マ:リストバンドです。はい。
D:すごいのコレ。なかなかじゃあ…無いですよねぇ?これを…ねぇ?
マ:うん。だって俺らも…
テ:持ってるね。
マ:うん。俺もライブ中付けたり…してます。
D:すごいよ?皆さん。…はいあの是非ですね、このなかなか手に入らない20周年のリストバンドを、じゃあプレゼント3つ!3人の方に頂きましたんで。これにはあのキーワードが要ります。
マ:はい。
D:キーワードを今からですね、おふたりに考えて頂きましょう。2つ考えて、1つずつね?え〜、さぁ今…いいですね?考えといてよ?今ね。
マ:え、キーワード?
D:そうだよ?面白いの。面白いのね。
マ:はい(笑)。
D:え〜番組の感想も皆さんね、そこに書いて下さい。宛て先は…(中略)…ほいでこのキーワードを書いて!書かなぁこのプレゼントはまずは当たらんということで。
マ:う〜ん。
D:キーワード発表!はい三輪さんから。
テ:「崎ちゃん」。
D:「崎ちゃん」。はい!
マ:…「田村」?…ふははは。
D:え〜、皆さんいいですね?それどっちが先に行きますか?
テ:え?俺…「崎ちゃん」が先でいい。
D:じゃ「崎ちゃん・田村」?
マ:はい。
D:はい是非それをですね。
テ:…で、スピッツです。
マ:はい。…(笑)。
D:はい、…ね!書いて頂きたいというふうに(笑)思いま〜す!スピッツになりました。え〜ほんとに今日はありがとうございました。
マ:はい!ありがとうございました〜。
D:はい、じゃあさっきの約束通り…来てね!
マ:はい!
D:でもって、あの〜このCDを私は、え〜是非皆さんにいっぱい聴いてもらいたいです。3日前にもう発売なってますからたくさんの人が「聴いてるよ〜」というふうに思いますけども。あの〜なんだろ…分厚〜い、アルバムです。
マ:はい。うん…あ、そうですね。頑張りました。
D:ん〜、なんかあの…20年、20周年で、すごい分厚いのに、軽くて。
マ:あぁ〜。
D:なんか、それがいいなぁって思っちゃいますけどもね。はい。
マ:うん。ほんとに。
D:すごい…スピッツ。え〜草野さんと、そして三輪さん。
マ:はい。
D:ね。じゃあ最後に皆さんにどうぞ一言。
マ:そうですね。まぁあの〜、洗濯物畳みながらでも聴いて頂けたらなと思います(笑)。これからもあの、ゆるい感じだけど頑張って行きますんで。よろしくです!
D:いやぁ〜、こんなふうに言われたら…たまりませんねぇ!
テ:たまらないっすね!
マ:いやいやいやいや…。
D:いやもうアイロンもかけちゃうわ!とか思っちゃうもんね(笑)。
マ:いや俺も畳みますよ?
D:ねぇ?いやぁ〜…。
マ:(笑)。
D:牛乳とか持ってきて一緒に飲んじゃうわ!みたいなね。
マ:牛乳ね!?
D:なんかいいねぇ!…三輪さん一言。
テ:頑張りま〜〜す!
D:ハイ。
マ:(笑)。
D:え〜、じゃあ…ね。あの、近々…
マ:は〜い!
D:名古屋に来たらまた来るように、ね!
マ:是非。
D:…分かった?
テ:はい。わ、わ、分かりました!
D:アンタのほう見て言ったよ?(笑)
テ:わわわ#◇※◎$☆した〜!(←わざと早口で)
マ:(笑)。
D:(笑)ライブは3月の18日と19日名古屋センチュリーホール、21日が長良川国際会議場です!
マ:はい!
D:ほんとに今日はありがとうございます!
マ&テ:ありがとうございましたー!
D:はーい。さぁ来週の矢野雑貨店のお客様はですねぇ、先月の26日にファーストアルバムが出たんです。「コントラスト」というファーストアルバムをリリースしたですね…これ役員名が、ほら、ここにもいるでしょ?見習い。
マ:見習いね。多いねぇ。
D:これね、ただの見習いなんですよ、まずは。まだ、飼育係とかそうじゃなくて。
マ:へぇ〜。
D:はい。秦基博くん。
マ:ああ!
D:はい。来てくれますからね。それでは今日はそろそろクローズでーす!本日もご来店皆さんありがとうございました。来週もこの時間にお待ちしていまーす!ナガシマリゾートpresents矢野雑貨店!副店長の矢野きよ実と、はい!
テ:フーテンの寅、テツヤ。
D:はい!
マ:え〜飼育係見習いの草野マサムネ。はい。
D:スピッツでした!ありがとうございました〜!(拍手)
マ:は〜い(笑)。ありかとうございまーす!
テ:ありかとうございまーす!


ハイ!以上です。
一連のさざなみプロモーションで散々聞かれたであろうアルバム話はあまり出ず、独特のトーク内容だったので文字起こししてみました。矢野さんとマサテツのテンションが微妙に噛み合ってなくて(笑)、それが逆にクスッと笑えるユルイ雰囲気を醸し出してました。
名古屋弁で分からない所があったら聞いてくださいね〜!

<おまけ>
↓ゲスト時のスナップ写真がここで見れます。バックのイラストが「チルナくん」です。
http://www2.fma.co.jp/pc/program/yano/guest_071013/index.html

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system