スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ メディアレポート

「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」
2007/07/30 フジテレビ系列

前回の出演から約5年、番組構成も様変わりして、今回は「座りトーク」のゲストとして登場。
向かって左側のソファにダウンタウン、右側の長ソファに(左から)マサムネ・テツヤ・田村君・崎ちゃんの順で座ってます。

浜:さぁ、スピッツは約5年振りでございます。
松:そうですねぇ〜。
マ:はい(笑)。
浜:(笑)全然変わってへんやん。(会場:笑)
松:あの僕スタッフに一言言っていいですか?イスもう少し長くしてあげても…。(会場:笑)
(崎ちゃんがソファから片足はみ出してたようで、一人ずつ左に詰め始めるメンバー。笑)
浜:え、ここへ来るまでの間ってのは、テレビっていうのはあんまり、出て…
テ:出てない。
マ:出てないっすね。
浜:ねぇ?
マ:はい。
浜:え、なんで露出せぇへんかったん?
松:そうですねぇ。
テ:タイミングが…。(会場:笑)
浜:(笑)…オイ鼻にそんなん付けるタイミングはあるんかい。(会場:笑)
(鼻ピアスを付けて恐縮しているテツヤのアップ。笑)
浜:でももうメンバーももう全員…これ40歳。
マ:そうです。今年でね。(会場:ええぇ〜〜っ!?)
松:そうですか。
マ:はい。
松:ま僕らも40越えてますから、なかなかのこの舞台上加齢臭が…。(会場:笑)
浜:(手元の資料を見ながら)まぁもう5年振りですけど「スピッツは仲良く乗り合い制です」っていうことで。
松:あ、どういうことですか?
マ:あの、現場に一番遠い人が、あの…運転する車で、各…(メンバーを指差しながら)
浜:回って行くんや?
マ:回って…拾って行く…。(会場:へぇ〜!?)
浜:全員が乗って一緒に来るの?
マ:全員ていうか、あの〜…
テ:あんねぇ、
マ:ルート上に無い人は…
テ:そうそう。
マ:無い人はタクシーでみたいな。…ははは。(会場:笑)
松:ミュージシャンですよね?(会場:笑)話聞いてるとホステスみたいな…。(会場:笑)
浜:ははははは!誰が運転して来てくれんの?最初はじゃあ。
田:今日は草野。
マ:今日は俺。かな…。(会場:へぇ〜…。)
浜:(笑)君が順番に寄って行くわけ?
マ:そうです。
浜:今日は全員拾った?
マ:いや、あの…3人。
崎:僕だけちょっとあの方向が違うのでぇ、僕は自分で、一人で運転して。
浜:あ、自分で。
松:自分で乗りたいからわざと方向違うとこ住んでる…。(会場:笑)
浜:ははははは!でも昔に比べたらちょっと喋ってるほうちゃうか?
松:あ〜まぁそうかなぁ。(会場:あ〜。)
マ:ほとんど返事してるだけですけど(笑)。(会場:笑)
浜:いやいやいや昔もっと酷かったような気がするわ。
松:なぁ。
田:酷かった…。
松:ただね僕やっぱ今も変わらないのはこの服装っというかね、地味〜〜(会場:笑)

※ちなみにこの日のメンバーの衣装は…
マ→ 胸ポケット付きのベージュ色のシンプルな襟付きシャツ
テ→ グレーっぽい胸の開いたカットソーに黒のベストで、髪は山下達郎風
田→ えんじ色のTシャツにグレーのジャケット
崎→ カーキ色のTシャツに黒のジャケット
松:(マサムネを指して)こんなもんあの〜古墳探してる人…。(←発掘作業のフリ)(会場:爆笑)
浜:でも唯一まだ…。(と言ってテツヤを指す)
松:そうですよね。ちょっとね、アピールしてますよね。
(テツヤの衣装にズームアップ。)
テ:そうっすかねぇ。
松:やっぱ一般の人とは違うなっていうのを。あとはもうねぇ…
田:あとは…!?(会場:笑)
浜:…さぁっ、今回そんなスピッツに用意した企画はこちら!HEY!HEY!HEY!特別企画、祝20周年!スピッツニュース〜!(会場:イェー!)

ここで平井理央アナが出てきて、情報番組風にスピッツニュースを読むコーナー(笑)。
(読んでる部分はちょっと端折りますスミマセン。)

結成当時のスピッツ、バイトの面接で連勝連敗!!

(ロン毛や金髪が受け入れられなかった、という話題)

浜:さっ、これは…アルバイトがもう全然?
マ:あ、彼(テツヤ)ですね。
松:あっ、彼が。
テ:いやね当時はぁ、え〜っとあの長髪とかねぇ、ダメだったんですよ。脱色もして、金髪になってたから、もう全然!
浜:でもさ、金髪でもいいよっていうバイト探したらええんちゃうん?そんななんかオシャレなとこ行こうとするからでしょ。
テ:いやオシャレじゃないっすよ。
浜:どういうとこ行ったの。
テ:求人広告に長髪ダメって。
浜:あ、それもう全部書いてるから…。
テ:もっと酷いのはねぇ、家を探しに行くと、ガラガラって(戸を)開けただけで「無い!」って言われますね。(会場:笑)
松:あ、無いから、って。
浜:(資料を見ながら)飲食店の面接受けたっていうのは。
崎:はい。(←挙手)
浜:崎山さん。
崎:あの、当時ハラ減ってたので…(会場:笑)色々食べられるかなと思って。
浜:そやね、飲食店やったらね。
松:今は全然ハラ減れへんみたいな…。(会場:笑)
崎:で、受けたら、当時僕もちょっと長かったり染めてたりしたので、したらやっぱ「ダメです」って。
浜:で結局どういう所でバイトしたん?
崎:結局、マタニティウェアの出荷する仕事(笑)。(会場:笑)
浜:マタニティウェアを出荷する仕事?
崎:全国のデパートに出荷する仕事(笑)。(会場:笑)
松:なかなかの地味さですねそれ。(会場:笑)
浜:あっはっはっはっは!…え、君(マサムネ)はどこも?バイトせえへんかったん?
マ:いやっ、俺はあの…
松:古墳…。(会場:笑)
マ:(笑)。
松:奈良?(会場:笑)
マ:(首をかしげながら)古墳は無いですけどね(笑)。まぁ普通にやってました。ハイ。
浜:(田村君に向かって)どうなんですか?バイトは。
田:バイトはせずに、バンドの売るテープをひたすらダビングしてましたね。(会場:おぉ〜。)
松:え、それは?
田:バンドで自主制作テープとか作ってて、それを家で…何本?2000本ぐらい、ダビングしてました。(会場:へぇ〜!)もう、それの連続です。
松:え、それは…犯罪ですよねぇ?(会場:笑)
田:(苦笑)。
浜:(松ちゃんに向かって)テープ!

草野マサムネ39才、12年前にマツタケで大興奮!!

(「ロビンソン」ミリオンヒットのお祝いパーティーで、生まれて初めて焼きマツタケを食べた、という話題。ニュース中、松ちゃんから「ほら!」の声。)

浜:あっはっは。なんやねんそれ。…何が「ほら」やねん。
松:いやいやいやそういう事ですやんか。やっぱこう(←発掘作業のフリ)掘ってたらマツタケが出てきた…。(会場:笑)
マ:あ〜、山でね(笑)。
浜:違う違う、パーティーや言うてるやん(笑)。ミリオンのパーティで、マツタケが出た?
マ:そうです。あの…それまで刻んだのとかしか食べたことなかったんで。あの…お吸い物の、インスタントの…。
松:薄〜いやつね。
浜:ペラペラのね。
マ:で、ゴロンていうのは初めて食べたんで…。(会場:笑)
浜:ゴロンと。
マ:網で焼いて…。
松:その、3Dのヤツをね。(会場:爆笑)
マ:(笑)そうそうそう。まさに!(←小さく)
浜:これはすごい!と。
マ:そうですね。売れたんだなって実感を…。(会場:おぉ〜!)
浜:なるほど(笑)。でもみんな食べたわけでしょ?それは。
崎:そん時ね。
浜:みんなはここまで思てないの?
田:いや大興奮。
崎:大興奮。(会場:笑)
田:お前のほうが大きい!とか俺のほうが小さい!とか。
浜:なるほど。
松:ついついそう…下ネタのほうにね。(会場:笑)

デビュー前のスピッツ、スクープ映像を独占入手!!

(18年前にとある音楽番組に出演していたことが判明、という話題。)

浜:なるほど。これは覚えてますか?
マ:結構昔の話なんで、ぼんやりとしかもう覚えてないですね。
浜:なるほどなるほど。まぁVTRがあるということで。じゃあテレビ初登場!(会場:おぉ〜!)
ここで、1989年の「ヒットスタジオR&N」という番組のVTR映像。新宿LOFT店長がデビュー前のおすすめバンドを紹介するというコーナーで、ライブハウスで「僕はジェット」を演奏する若かりしスピッツの映像が!マサムネはもちろんオーバーオール姿です。
ただ、本来ならそこでスピッツの話題になるはずが、番組司会者がなぜかライブ客についての質問ばかりして、スピッツの話が無いままコーナー終了(笑)。
(そしてVTRが終わり…)
松:崎山さんさっきV(TR)の間靴下直したん知ってますか?(←そ知らぬ顔で靴下を直すフリ)(会場&崎:爆笑)…で急に(カメラが)来たからなんも無かったみたいに…。(←ビシッと座り直すフリ)(会場&崎:爆笑)
浜:あの映像はなんの映像なの?
マ:あれはあの〜、新宿LOFTってライブハウスでライブをやってた時に、撮った映像…。
浜:あれからや、やっぱテレビ出るの嫌んなったんは。
マ:いやっ、そういうわけじゃないっすけどね。
浜:こんな扱いされるんやったらみたいな。
マ:いやいやもう…結構でも…。
松:テレビ出るの嫌なの?
マ:イヤッ…ああぁああぁぁ…っはは(苦笑)。
浜:(マサムネを小突きながら)ああぁああぁぁって(笑)。(会場:笑)
松:(笑)。
浜:こっから…やっぱりちょっと、出て行こうみたいな感じですか?
マ:こっからですか?
浜:こっから、もうこれを機会に…。
マ:あぁ〜…。ああ、ちょっと、かん…考えてみます…。(会場:おぉ〜?)
浜:出る気ねぇよ!(会場:笑)
松:だからねやっぱりスタッフの人達が失敗したんですよ。
浜:何?
松:マツタケを食わすんが早過ぎたんです。(会場:笑)


♪ 群青


こんな感じでした!トークは松ちゃんが上手く締めてくれましたね。それにしても「40歳」の所でお客さん驚き過ぎ(笑)。トークの観覧者は全員ベルゲン会員のはずだから、知らないはずは無いんですけどね。きっとお茶の間向けに、スタッフからリアクション大きくっていう指示が出てたんだろうな。
何はともあれ珍しく崎ちゃんがいっぱい喋ってくれたので満足です!次の出演は一体いつになることやら…?

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system