スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋

スピッツ メディアレポート

「矢野雑貨店」
2007/10/13 FM AICHI

DJ:矢野きよ実 (※名古屋弁バリバリのローカルタレントさんです)
ゲスト:マサムネ&テツヤ

D:矢野雑貨店!始まりました。(拍手)…あ、拍手を頂けるとはですねぇ、いや〜…
テ:つられた。
マ:ははは。
D:え〜あの、ものすごい昔だもんできっと覚えとってくれんだろうな〜と思ったんですけど、やはり覚えとってくれませんでした。
マ:す………すいません(笑)。
D:そうです。ただほんとにですね、私達はあの〜会いたくて、そしてまたこの番組はずーっとやっとるのに全然いっぺんも来てくれんくて。
マ:あぁっ、すいません…。
D:そうなんです。それでもってですねぇあの〜
テ:ははは。
D:何て言うんですか?この人達はあの、たまにほれあの「出とれへんのじゃない!?」、テレビにあんまり出ぇへんもんで「出とれへんのじゃない!?」って思ったりもするんですけど実は、ようけ出とったりとかするというですね。
マ:あはは、はい。
D:そいでね、ほんとは止まってない人達でですね。しかも長いことやっていらっしゃいます。
マ:はい。
D:随分長い、ほんとに長いんです。だから矢野が会ったことがあるのは、え〜だいたいですねぇ「ヒバリのこころ」の後なんですよね。
マ:あ〜、すごい前じゃないですか!?
テ:ヒバリの後?
マ:10年以上前ですね。
D:だから一番最初にFM AICHIに来たのは、どのくらいか覚えてらっしゃいますか?
マ:え、それもあんま覚えてない…
D:だから「魔女(旅に出る)」の後、どれくらいかな?そこです!
マ:あ、そうですか。
D:そうなんです。さぁ今日のゲストですハイどうぞ!
マ:はい、スピッツですボーカルの草野です。よろしくお願いしま〜す。
D:イェーイ。(拍手)
テ:イェイッ!
D:そして「もう一人声がするわ!?」って皆さん!
テ:はい、ギターの三輪です。はいコンチハ!
D:いやぁ〜。三輪さんの頭を、え〜いきなりですけど見ると…
テ:うん。
D:ここにいっぱいアルバムとかね、シングルとか色々ありますけども、時代が分かるよね〜。
マ&テ:あぁ〜。
D:あの〜髪型だけでね、中に入ってるものを見ていってね。
マ:そうそう。
テ:そうね。
D:そいで、そうすると…それだけで、ね。今はまたサランッとした…
テ:そうですね…今は、ハイ。色々ね、模索をしてます。
D:う〜ん。今日の雰囲気というか、自分の気持ちはどんな気持ちでここにいらっしゃるんですか?
テ:もう何も。自然体で。
マ:(笑)。
D:自然体…ですよねぇ?
マ:あ〜…。わ、私達?
D:うん。
マ:うぅ〜〜ん、どうでしょうねぇ?
テ:まぁ〜、なるたけ自然体に…したいとは思ってますけど。
マ:あんまりこう、え、演じたりとかできないん…ですよ、昔から。
テ:自然になっちゃうね。自然体。
D:でもなんか、(クリップで)踊ったりしてるじゃないですか〜。
マ:あぁ〜、あれはあの…大人の仕事って感じで(笑)、ハイ。
D:やっぱり大人の遊びと、大人の仕事とあって…
マ:はい。
D:三輪さんは大人の遊びが似合うかな〜と思うんですけどぉ。
マ:はい(笑)。
D:あの、草野さんは、大人の仕事が…
マ:そうですか?(笑)
D:似合うのかな〜?という。
マ:はい。ま10年前だったら恥ずかしくてちょっと…大変だったかもしれないですけど。
D:やっぱ10年経つと変わるもんですか?
マ:ん〜、なんか恥ずかしい事もちょっと楽しめるようには、なってきてるかもしれないですね。
D:やっぱりその、そうなるまでが長かったりするのかな?
マ:う〜ん。色々分かってくるというかぁ、自分が考えてる程はぁ、人は自分のこと見てないなって思うんですよ。
D:ん〜。あのねぇ(笑)見とるよ?ものすごい。
マ:(笑)いやっ、自分が気にしてるとこじゃなくて、そうじゃないとこを意外と見られてたりするし…。
D:ん〜。え、どこが気になってたりしたんですか?
マ:いやだからその〜、振り付け踊るとかいうんでも、その…自分がこう「ここのキレが悪いんじゃないか」とかそういう事気にしてても、そういう事じゃなくてまず「踊ってる!」っていうとこだけをみんな見てたりする…
D:そうです!
マ:そのへんはねぇ、なんとなく最近分かってきて。
D:でも踊りながらも、あの〜アンガールズと踊りながらも「ここのキレが悪いんじゃないかな」って思っている草野マサムネさんっていうのは、かっこいいですね(笑)。
マ:いや後から見てね、「いや…体傾いてんな」とか色々ね、反省しましたけど。
D:(笑)でもね三輪さんはその点、スッとこう…なんか溶け込んじゃったりなんかする人?そうでもない?
テ:いや、どうだろうなぁ〜?俺も自分…自分に対しての認識はねぇ、あのだんだん変わってきてますね。
D:あ、どう変わってきてる?
テ:まぁ最近よく言うのはねぇ、あの〜もっと社交的だったんじゃないかと思ってたんですけど…意外とねぇ社交的じゃない。
マ:(笑)。
D:それちょっと待って。え?最初のほうが社交的だって…
テ:いや自分はそういう…役回りだと思ってたの。
D:うん。じゃ最初のほうが大人みたいなふうに思ってたら、だんだん少年になってきたってこと?
テ:ん〜いやぁ…
マ:いや昔頑張って…頑張ってそういうふうにしてたんだよね、きっとね。
テ:うん…じゃないかなぁ?
D:じゃあ今は、気持ちいいです?
テ:いやぁ〜そうでもないよ?
マ:(笑)。
D:ほいじゃ社交的に戻りゃあ(笑)。
テ:それもなんかあの〜、めんどくさいよね(笑)。
マ:(笑)。
D:あのね、ほんとにいつも思う。そのダンスをしてるのを見ても。なんでこんなかっこよくないのに、かっこいいんだろうっていうね。
マ:(笑)いやいやいや…。
テ:ははは!
マ:あぁ〜〜それいいです、いいですね。うれ、嬉しいです。
D:だってでもそうでしょ?
マ:え?いや…
D:そうでしょ?って本人に言うのもなんですけど。
マ:いやかっこいいとは全然思ってないしィ、あの〜ねぇ?かっこいい方いっぱいいらっしゃいますから。
D:でもさ、あの〜なんだろ。大人になってきてぇ、私もその頃は20代だったんですけど…
マ:はい。
D:なんで…元はね、最初に社交的だったって三輪さんが言ったように、やっぱねぇ「形」みたいなのもあったんですけど、それがだんだんね、そうじゃないよっていうのがね。だんだん年をとるごとに思えてきて…。
マ:あぁ〜。
D:で、あの今回届いたアルバムがね。え〜3日前に出ましたけども。はい、タイトルが?
マ:「さざなみCD」です。
D:はい。あの〜ものすごく!やっぱりみんなのとこに…ね。え〜心を打ち、また…なんて言うんですかねぇ?届いてるんだろうなぁと思うんですけど。
マ&テ:はい。
D:はい。そこが、すごいかっこよくないのに、かっこいいの!
マ:んははは。
D:特に私今回はそう思ったんですけど。
マ:そうですか?う〜ん…。
D:…三輪さんどうですか?
テ:まぁ今回もあの〜ほんとに、ま20周年なんだけど、そういうの全然意識してなかったんだけど、その〜20年の集大成みたいなアルバムになったなっていうのがあの〜正直な感想かな。
D:これは何日ぐらい掛かったものなんですか?
マ:これは〜〜何…?う〜〜ん…
テ:録るのはねぇ、そんな…あのいつものレコーディングと同じぐらいの時間ですけど…
マ:そうですね。
テ:でも期間がねぇ?
マ:期間が結構…
D:2年何ヶ月とか?
マ:1年半ぐらい?
テ:そうだね去年の…えっと〜2月か3月ぐらいから始まったから。
D:500日とかそのぐらい?
マ:そうですね〜。
D:すごいですよね。1つの…だから500日を、これ何十分くらいなんですか?60分くらいですか?
マ:あははは。
D:そんなんにしていいの?っていうねぇ、なんか…
マ:いやいやいや。
D:「もっともっと!」って私達はもちろん思うんだけど…
マ:はい。
D:新しい物が届いてくる度に、あの〜すごくやっぱり…嬉しいんですね。
マ:ありがとうございます。
D:えっと1曲行きますか?
マ:はい。あ、ど…どうしますか?
D:どれに行く?
マ:いやあの〜
D:それはもうここで決めます。
マ:あ、そうなんですか?
テ:1曲目にすればいいじゃん。
マ:1曲目?
D:1曲目行く?
マ:はい…はい。「僕のギター」って曲聴いて下さい。

♪ 僕のギター


D:(拍手)
マ:ウィッス。
D:あの〜、すごい身近なのにね。ものすごい…こう、大きくなってるみたいなですね。矢野は一応ですね、みんなはどういうふうに聴くかわかんないんですけど。えっと最初にCDをもらうと、え〜近くの公園に行きまして。もしくは車ん中で、1曲ずつ聴いて全部感想文を書くんですけども。
マ:はい。
テ:自分で?
D:うん。今回ねぇ、スピッツの感想文の長いこと!
マ:おぅっ!…ありがとうございます(笑)。
D:なんかね〜今回のCDはですねぇ、昔も思い出すけど、ものすごい前にも進んでて。
マ:あぁ〜。ああ、ああ…
D:この何十年ていうものが…あの幸せの度合いみたいなものが随分変わってんのかなぁっていうかね。
マ:幸せの度合い?
D:うん。
マ:う〜ん。それは何でしょうねぇ?…う〜ん。でも昔の要素は、かなり散りばめられてはいるとは思いますね、今回ね。
D:はい、あの〜聴く曲によってはですね、「これってもしかしてほら、20年くらい前をね、思い出してない?」とかね。
マ:うんうんうん。
D:あの〜まぁ「これ」っていう曲があるんですけどね。
マ:そういう、そういうあの〜エッセンスは、随所に入ってると思います。
D:それはやっぱりファンですかね!?
マ:ん〜、いやぁ…
D:ちゃんと「これ」っていうところがね。
マ:はい。それはあの〜、昔のを聴いて頂いてる方は分かるかも。
D:ん〜、だってこれ全部聴いてますからね。
マ:ありがとうございます。
D:それでも足りないから〜とか思って。
マ:俺ら出してんな〜。でもこうやって見たら。
テ:出してるね。全部俺らって思わんかったもん最初。
マ:うん…。
D:でも、あんまり反省とか何もないでしょ?三輪さん。
マ:(笑)。
テ:いや反省は…ある。あるよ。
D:ある〜?
テ:うん。
D:どんな?
テ:いやもう…あそこの音こういうふうにやればよかったな〜とか、ね。そういう…
D:それは仕事のね。
テ:仕事の。………人生の!?
マ:んはは。
D:いやそれは人生も聞きたいよ。人生の反省もしてみる?
テ:いやだいぶ長くなるんじゃないか?
マ:あっはっは。
D:え〜それ、そうそうはしないでしょ?でも。
テ:……………ん?長くなるよ?
D:ほんと〜。ちょっと聞いてみます?
テ:いいよいいよ!
D:(笑)。
テ:酒飲まないと。
マ:あはは。
D:…酒は好きですか?
テ:いやぁ飲むのは好きですよ。
D:何酒を飲むんですか?
テ:ん〜、次の日の…ことを考えたら焼酎かな。
D:ふ〜ん、それは何?みんなで飲んだりもするんですか?マサムネさんは飲まないの?
マ:うん…いや、みんなとあの…みんなで飲みますよ?
テ:4人飲みますよ。
マ:今、あの〜アルバム出たタイミング…ぐらいは、あの〜全国プロモーションとかで行きますから。そういうときは飲みます。あの、歌の…歌うことがある場合は飲まないですけどもね。次の日にね。
D:じゃあ今は一番こう何て言うの?わりとゆるい感じの時?
マ:そうですね。ゆるいっていうか…うん。そうですね。
テ:ま、でもね昔みたいには飲まなくなったけどね、やっぱ。そこは大人になったな〜と思う。
マ:朝まで飲むとかないね、今は。ん〜…。
D:相当飲んだりとかね。飲んだらどうなるんですか?
マ:今は別に普通…ですよ?
テ:みんな飲むんだよね、4人とも。
D:でも変わんないの?みんな。
テ:いや変わるよ〜!?俺はタチ悪いね。
D:はぁ〜。
マ:昔はね、結構お説教系…とかね。
D:あ〜!なんかね、だってもうねぇこの…三輪さんね、じいちゃんになったら大変だよ!
マ:あぁ〜〜。
D:「お前ちょっと来い」ぐらいのとこでねぇ…
マ:あ〜。
D:こういう町内会長居るんですよ。
テ:いやっ、やんないね。
D:やんないねっていう人がやるんですよ。
マ:んはははは。…ね。
D:もうどうしようもなくね立ち上がってね、「そっかなぁ?」ってみんなの為にねぇ…
マ:あぁ〜。
D:もう頭ん中でも分かっちゃうからねぇ、動いてくれる…みたいなね。
マ:実は正義感がね、強くてね。
D:すごい強かったりすんですよね〜。
テ:いやでも昔のほうがあったよ、そういうの。
D:ほんと?
テ:今はもうどんどんどんどん、う〜ん…やらないと思うなぁ。
マ:んへへっ。
D:やらないかな?
テ:あんま目立たないようにすると思う。
D:でもずっと変わらなくて…。その〜何だろう、私達が受けているほうも、もちろんいっぱい新鮮でね?今回の「さざなみCD」もそうだけどいっぱい新鮮なのに、なんで変わらないで、みんな…居られるんですか?
マ:んんん〜〜…なんだろね?…あのっ、基本的にねぇ、音楽ファンなんですよね。その、ミュージシャンって以前に、音楽聴いたり、その〜演奏観に行ったりとかそういうのが好きっていうのが、おっきいんですよ。ずぅ〜っとファンの時の気持ち…を、持ってるんでぇ。それじゃないですかね?
D:また音楽やってる事が、すごい…気持ち良くて。
マ:そう、自分の憧れてたミュージシャンとかぁ、それに近づきたくって始めたっていう…感覚を今でも持ってるしぃ…。そういう部分だと思います。未だにCD…あの最近はほら、昔よりはお金はあるから、大人買い出来ますしね。CDね。
D:大人買い(笑)。ガッ!と出来て。
マ:大人買い。もう一気に10枚20枚とかガーッ!と買っても…ねぇ?大丈夫ですんで(笑)。
D:ん〜。その、例えば日本のアーティストの人でね、「この人のライブは絶対観に行きたい!」とか…
マ:あ〜日本の、日本のアーティスト?…最近だと誰だろなぁ?先輩…ではねぇ、矢沢永吉さんとかまだ、あの〜観たことないんで。観てみたいです。
D:それはねぇ(笑)、マサムネさんがねぇ、「ルイジアナ〜♪」ダーン!!ってタオル投げてたらねぇ、ちょっと面白いかもしれない(笑)。
マ:いやっ…影響を受ける云々じゃなくてその〜偉大なエンターテイナーとして、こう…お客さんとして観たいなと。
D:でもお客さんで行ったらタオルはね、ちゃんと投げなきゃいけないですよ。
マ:あっお客さんね。投げる投げる!それは投げますよ!
D:すっごい面白いですよ?
マ:それはやりたいですね〜。
D:ダーン!って言ってお姉さんたち出てきて踊っちゃうみたいなね。
マ:あぁ〜!それはやりたいやりたい!…へへっ。
D:今日はいろんな話をしてもらっていますけど。そうだライブがあるんですよね?
テ:うん。
マ:…です。
D:あの、ライブが70本ぐらいまたやってくれるんですよねぇ?
マ:そうなんですよ。うん。
D:あちこち行くんですが…
マ:毎回あの、アルバム出たら…あのライ、ライブツアー…。
D:ね!してくれてますけど。この地方はですね、来年なんだよね?
マ:そうなんですよね〜。
D:あの来年なんですが、3月の18日19日が名古屋のセンチュリーホールです。
マ:うん。…はい!
D:はい、熱田区ですね。
マ:はい。
D:うちの目の前です。
マ:あっそうなんですか?
D:はい。よかったらどうぞ。
マ&テ:はははは。
D:(笑)お茶とか、あと75歳のおばあちゃんがいます。
マ:あぁ、おばあちゃんと。
D:あと…え〜21日ね、3月の21日の金曜日が長良川の国際会議場ですね〜。岐阜もいいんですよねぇ〜はい。ちょっと先ですけど。
マ:はい。
D:ねぇ。これで前半になるのかな?
テ:そう。また、あぁ〜後半があるんだよ。また来るよ!
マ:また来ますよ?
D:ねぇ。ほんとにやっぱりねぇ、その時代を私達は同じにこうやって生きてきてて…。そして、その時代に私達が感動したものが生で聴けて、一緒に歌えるというのはねぇ…。ね?もちろん声に出さずとも。
マ:はい(笑)。
D:あんまりおっきいと迷惑になる時もあるので。
マ:いえいえいえ、遠慮なく。
D:ほいでもさぁ、それぐらい凄いものはないね!ライブってね?
マ:あぁ〜〜。…そうっすねぇ。(笑)ど、ど、どう?あの…
D:自分達のライブは観てないもんね。
マ:そうなんですよね〜。
テ:まぁあの1回観てみたいけどね〜。無理だもんね。
D:だっておらんかったら、ライブにならんもんねぇ。
テ:いやそれはよくねぇ…あの〜メンバーとも話すんだけどね。それはまぁ、夢…。そうだね、夢一個挙げろっつったらスピッツのライブ観たいね。
D:いいもんですねぇ〜。
マ:続けてるからね。例えば俺、ブルーハーツすごい好きだったけど今ブルーハーツ…ねぇ?ライブやるかっつったらもう無いですからねぇ。そういうもんですね〜。
D:そうですね。それは、ハイロウズになりクロマニヨンズ…また違うしね。
マ:うん。「リンダリンダ」とかやらないわけですもんね。
D:やらない。そうなんですよね。
マ:そうなんですよね。
D:だからスピッツがある間に、観たいねぇ!
マ:あぁ〜(笑)。
D:(笑)でも観れませんね。いいですよぉ〜!?
マ:いやいやいやいやいや…。
D:もうねぇ何がいいってやっぱり帰り道がいいですからね。あの…
マ:幽体離脱するしかないですねぇ(笑)。
D:ほんと聴いたあとの…
テ:「ザ・たっち」ね。
マ:(笑)。
D:あれだよ?ライブのあとっていうのは、気持ちいいっすよ!
マ:あ、そうっスか。
D:特にセンチュリーホールは公園がありますからね。
マ:おぉ〜、あの辺ねぇ!
D:そらぁもうスピッツの世界!
マ:環境いいですよね。
D:もう…はい。是非ぜひ、3月の18日と19日が名古屋センチュリーホール、21日が長良川の国際会議場ですね。…1曲行きますか?
マ:うん。
テ:うん。
テ:じゃ次は?
マ:えっとねぇ…。
テ:選んでみてちょ?
マ:あんま掛かってない曲…に。…んとねぇ、じゃあ(笑)え〜ラストの「砂漠の花」っちゅう…。はい。

♪ 砂漠の花


※長いので分割しました。後編はこちら

スピッツファンサイト 鳥になっちゃう部屋
(c)*Magnet* Megumi

inserted by FC2 system